Rakuten infoseek

辞書

【がん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


がん
仏教用語。衆生が悟りを得るため,修行にあたって願を立てるということから,所期の目的を完成しようと願い求めて決意すること。願の内容を願事,願を起す本人を願主 (がんしゅ) という。 (→誓願 , 本願 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん〔グワン〕【願】
神仏に祈願すること。また、その祈願。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がん【願】[漢字項目]
[音]ガン(グヮン)(呉) [訓]ねがう
学習漢字]4年
請い求める。ねがい。「願書願望哀願依願懇願志願出願請願嘆願念願
神仏に祈り求める。「願文(がんもん)願力(がんりき)祈願結願(けちがん)誓願大願発願(ほつがん)満願

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がん【願】
神仏に願うこと。また、その願い事。 「 -がかなう」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん グヮン【願】
〘名〙 願うこと。特に、神仏に祈り、願うこと。また、その内容。願い。
※性霊集‐序(835頃)「天随其願果擢求法
※源氏(1001‐14頃)須磨「多く立てつる願の力なるべし」 〔史記‐蔡沢伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がん‐・ずる グヮン‥【願】
〘他サ変〙 ぐゎん・ず 〘他サ変〙 神仏に祈願する。心に願う。
※観智院本三宝絵(984)中「蘇我大臣又かくのごとく願じて軍をあつめてすすみたたかふに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねがい ねがひ【願】
〘名〙 (動詞「ねがう(願)」の連用形の名詞化)
① 神仏に祈り願うこと。また、その事柄。願(がん)。祈願。
※源氏(1001‐14頃)総角「ただしばし、ねかひの所を隔たれるを思ふなん、いとくやしき」
② 極楽往生を求めること。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「尼寺に懸けこみ、願(ネガ)ひの道に入ぬ」
③ こうあってほしいと望み願うこと。また、その内容。希望。期待。
※大唐三蔵玄奘法師表啓平安初期点(850頃)「慕(ネカヒ)を懐きて遍く殊の方に歴(へ)
④ 役所などに願い出ること。また、その願書。
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)上「武士の立身振り捨て、虚病を構へねがひをあげ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねが・う ねがふ【願】
〘他ワ五(ハ四)〙 (動詞「ねぐ(請)」に反復・継続の助動詞「ふ」が付いてできたもの)
① 神仏に望むところを請い求める。いのる。祈願する。
※万葉(8C後)二〇・四四七〇「泡沫(みつぼ)なす仮れる身そとは知れれどもなほし禰我比(ネガヒ)つ千歳の命を」
※古今(905‐914)仮名序「さざれいしにたとへ、つくば山にかけてきみをねがひ」
② 特に、極楽往生を求めて信心する。
※源氏(1001‐14頃)明石「のちの世にねがひ侍ところのありさまも思ふ給へやらるる夜のさまかな」
※山家集(12C後)中「露と消えば蓮台野にをおくりおけねがふ心を名にあらはさん」
③ 心の中で望ましい物事の実現や獲得を請い求める。のぞむ。ほしがる。希望する。
※万葉(8C後)五・九〇四「世の人の 貴(たふと)び慕(ねがふ) 七種(ななくさ)の 宝も我は 何せむに」
※霊異記(810‐824)下「遠く前の非を愧(は)ぢ、長に後の善を祈(ネカフ)
④ 上位の者や役所などに処置をしてくれるよう希望を申し立てる。請願する。願い出る。訴え出る。
※浄瑠璃・大経師昔暦(1715)下「私は此度お願ひ申上げし御領内助作が従兄弟」
⑤ 他の人に助力や配慮などを求める。たのむ。「ご援助をねがう」「お静かにねがいます」など。
※二人女房(1891)〈尾崎紅葉〉上「『なあ、品行は?』〈略〉『其点は私にも解りかねます。一つ糺して見ませう』『何分願(ネガ)ひます』」
⑥ 商店で、品物を客に買ってもらう。
※彼女とゴミ箱(1931)〈一瀬直行〉絵を文字にかく「今日のところ、特別ほんのかき賃にもならない一円でもってねがっておきます」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねがわねがはし【願】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねがわし・い ねがはしい【願】
〘形口〙 ねがはし 〘形シク〙 (動詞「ねがう(願)」の形容詞化) 望むところを乞い願う状態、ほしいと思う状態であるさま。また、心にかなうさま。のぞましい。
※山田本妙法蓮華経平安初期点(830頃)「世尊願楽(ネガハシク)して聞かまく欲はし」
※徒然草(1331頃)一「この世に生まれては、ねがはしかるべき事こそ多かめれ」
ねがわし‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

願の関連情報

他サービスで検索

「願」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.