Rakuten infoseek

辞書

願文【がんもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

願文
がんもん
造寺,修法写経などによって,心に念願する言葉を述べた章。発願文ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん‐もん〔グワン‐〕【願文】
仏・菩薩の本願を示す文。
法会仏事などを営むとき、施主願意を記す文。また、神仏に願を立てるとき、その趣旨を記す文。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんもん【願文】
神仏に祈願の意を伝えるための文書。発願文,願書ともいい,〈がんぶみ〉とも読む。造寺・造塔・造仏・写経・埋経や仏事などに際して,その発願の趣意をのべ,現世・後世の安楽を願ったり,病気の平癒武運長久,子孫繁栄を祈願したものが多い。その形式は,〈敬白〉で書きはじめ,願意を記した本文が続き,日付・差出書を書くのが一般であるが,中には,永享6年(1434)3月18日付関東公方足利持氏願文のように,心血をしぼって書きあげた血書願文や,永禄9年(1566)5月9日付上杉輝虎願文などのように武田信玄らを呪詛し,信玄を滅ぼしえた場合には,仏神事を興行するという誓約を含むようなものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

がんぶみ【願文】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がんもん【願文】
神仏に願を立てる時、あるいは仏事を修する時、その願意・趣意を書いた文。願書。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

願文
がんもん
神仏に願を立てるとき、その願意を表した文章。「がんぶん」とも読み、立願(りゅうがんもん)ともいう。一般に、「敬白、立願事」で始まり、「立願之状如件(くだんのごとし)」という語で終わっている。武運長久、傷病平癒などをはじめ、造寺・造塔・造仏の供養や仏事を修した際などにも作成された。たとえば、法隆寺金堂の金銅釈迦(しゃか)三尊像の光背の銘文に「転病延寿」とか「往登浄土、早昇妙果」などと発願(ほつがん)しているのは、願文のもっとも古い例の一つと考えられる。神仏の前で神徳や利益(りやく)をたたえ、願意を表すので、その内容に偽りがなく、残されている多くの願文は信仰史研究上貴重な資料となっている。[三橋 健]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐もん グヮン‥【願文】
[1] 神仏に願を立てるとき、あるいは仏事を修するとき、願意を記した文章。がんぶみ。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「奉為太上天皇捨国家珍宝等、入東大寺願文」
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「『罪逃がらかし給へ』と、右大弁季英の朝臣に仰せごとたまひて、『ぐんもんかきてせさせ給へ』ときこえて」
[2] 最澄が初めて比叡山にはいったときの誓いを述べた文書。一巻。最澄の高弟仁忠が編述した「叡山大師伝」の中にあるのを抄出別行したもの。二五七字より成る短編であるが、天台宗で古来重用する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

願文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

願文の関連情報

他サービスで検索

「願文」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.