Rakuten infoseek

辞書

顔氏家訓【がんしかくん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

顔氏家訓
がんしかくん
Yan-shi jia-xun
中国,六朝末の家訓書。顔之推 (がんしすい) の。7巻。開皇 20 (600) 年頃成立。著者子弟に与えるという形で述べた処世訓の書。宗教学問文学言語風俗,社会,経済にいたるさまざまな事柄についての貴族として必要な処世訓が,興亡の激しい六朝末期に,4代の王朝に仕えながら身をまっとうした著者の体験に基づいて,きわめて具体的に堅苦しくなく述べられている。いかなる乱世にも耐える保身の場を,平穏質朴な家庭の維持のうちに見出す生活哲学の書で,また当時の貴族の家庭生活,社会の様子などを知る貴重な資料。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がんしかくん【顔氏家訓】
中国の家訓書。2巻20編。顔之推(がんしすい)が、子孫への戒めとして記したもの。儒家思想・仏教思想をまじえ、官界で生きていくための教訓などを残す。家訓書のとなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんしかくん【顔氏家訓 Yán shì jiā xùn】
中国,6世紀の顔之推の著。20編から成る。著者のゆたかな人生経験に裏うちされたこの書物は,たんに一家内の子弟たちを訓戒することばに終始するだけでなく,六朝時代における江南と華北両社会の家庭生活,風俗,儀礼,学術,宗教など,多方面にわたる知識を提供する。後世家訓の祖と仰がれた。日本への伝来も早く,吉備真備の《私教類聚》はその影響のもとに成ったという。【吉川 忠夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がんしかくん【顔氏家訓】
中国の訓書。七巻。北斉の貴族、顔之推がんしすい著。処世訓として、家族道徳・学問・教養から、広く生活一般・世故人情についての知恵を述べており、中国人の伝統的生活態度の規範として、後世長く尊ばれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

顔氏家訓
がんしかくん
中国、南北朝時代の学者之推(がんしすい)が、子孫への戒めとして記した家訓で、2巻20編からなる。顔之推は、梁(りょう)・北斉(ほくせい)・北周・隋(ずい)と4朝に仕えた人であったが、この本は晩年、隋代に書かれたものとされている。主として儒家的立場から、身の立て方、家の治め方、世の処し方などが述べられているが、なかには「帰心篇(へん)」などのように、仏教的なものを導入している部分もあり、また、文字や典故を考証した部分もある。それゆえ、清(しん)の『四庫全書総目提要』以来、雑家の書物として扱われるようになった。そのなかには「文章篇」のように、文学論を展開させる部分もある。要するところ、7世紀初頭の文化、文明についての批評書で、その意味において注目される。[鈴木修次]
『宇野精一・鈴木由次郎訳・編『顔氏家訓』(1982・明徳出版社・中国古典新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がんしかくん【顔氏家訓】
中国の家訓の書。二巻二〇編。六朝時代末の顔之推(がんしすい)著。保身の場を平穏で質朴な家族生活の中に求める立場から、広く政治、学問、思想、風俗などについての見解を示したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

顔氏家訓
がんしかくん
顔之推 (がんしすい) が子孫に与えた教訓書
7巻。之推は (りよう) ・北斉北周・隋に仕え,また南北朝の貴族生活をともに知っていたので,江南貴族の華美を戒め,北朝貴族の堅実な生活・道徳交際教養を子孫に書き残した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顔氏家訓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

顔氏家訓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.