Rakuten infoseek

辞書

顔を振る【カオヲフル】

デジタル大辞泉

顔(かお)を振(ふ)・る
首を振る。不承知のを表す動作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かおをふる【顔を振る】
不承知の意を示すために首を横に振る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かお【顔】 を 振(ふ)
を振り動かす。
② 不承知の意で頭を振る。
太平記(14C後)三五「青砥左衛門顔を振て扨(さて)は一所をもえこそ賜はり候まじけれ」
③ 顔をわきへ振り向ける。顔をそむける。よそを見る。恐れ、不承知、嫌悪、無視などの気持を表わす。
※玉塵抄(1563)一四「人の敢と云て心に決定して勇を本にしてけなげでかおをふらずする者は死ぞ」
浮世草子・本朝二十不孝(1686)一「母親鼻の高き事、白山の天狗殿も㒵を振って逃げ給ふべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顔を振る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

顔を振るの関連情報

他サービスで検索

「顔を振る」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.