Rakuten infoseek

辞書

顎下腺【がくかせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

顎下腺
がくかせん
submandibular gland
唾液腺の一つ。舌下腺耳下腺とともに大唾液腺を構成する。下顎骨の下にあり,唾液は唾液管 (ワルトン管) を通って舌下に開口して分泌される。舌下腺からは粘液性,耳下腺からは漿液性のものが分泌されるが,顎下腺からは両者の混合性のものが分泌される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がっか‐せん〔ガクカ‐〕【顎下腺】
下あごの内部に左右一対ある唾液腺(だえきせん)漿液(しょうえき)粘液の混合した唾液を分泌。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

顎下腺
 口腔の周辺にある唾液腺の一つ.顎下腺,耳下腺,舌下腺を大唾液腺といい,口唇腺,頬腺,口蓋腺,臼歯腺,舌腺小唾液腺という.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がっかせん【顎下腺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がっかせん【顎下腺】
唾液腺の一。下顎かがく骨内面下部に左右一対あり、唾液を分泌する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

顎下腺
がくかせん
口腔(こうくう)内にある三大唾液腺(だえきせん)(耳下腺、顎下腺、舌下腺)の一つ。下あごの下縁のほぼ中央内側あたりに位置し、指で触れると、皮下に母指頭大の高まりとして感じられる。形はやや扁平(へんぺい)な楕円(だえん)体で、長さ約3センチメートル、厚さ約1.5センチメートル。顎下腺は、漿液性(しょうえきせい)分泌液(塩類、タンパク質、および酵素を含む水分の多い液)と粘液性分泌液(粘性のある液)とを分泌する混合腺である。顎下腺の導管は長さ約5センチメートルで、舌下面中央部のひだ(舌小帯)の根部にある高まりである舌下小丘の部分に開口する。顎下腺は交感神経、副交感神経の二重支配を受けるが、その働きはまだよくわかっていない。[嶋井和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がっか‐せん ガクカ‥【顎下腺】
〘名〙 唾液腺の一つ。下顎骨の下部内面に接して左右に一対ある。副交感神経がきており、食物が口中にはいると、唾液が分泌される。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顎下腺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

顎下腺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.