Rakuten infoseek

辞書

額裏【ガクウラ】

デジタル大辞泉

がく‐うら【額裏】
額の裏。
着物の仕立て方の一。衣服人目につきやすい所によい布を用い、花鳥・人物・風景などの模様のある緞子(どんす)、羽二重(はぶたえ)などを用いること。がく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がくうら【額裏】
額の裏。
羽織の肩裏に絵画風の模様の布物を用いること。また、その羽織。多く男物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がく‐うら【額裏】
〘名〙
の裏面。
② 着物の上着および下着の裏の仕立方の一種。衣服の裏の見えやすい襟、褄、裾に胴裏よりよい布を用い、また、羽織の裏に花鳥山水模様などの広幅物を用いて仕立てること。また、そのもの。額仕立て。がく。
※洒落本・当世風俗通(1773)中之息子風「小袖。縮めんあるひは袖の菖蒲革染、〈略〉裡は小納戸ちゃに紅(もみ)の額うら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

額裏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

額裏の関連情報

他サービスで検索

「額裏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.