Rakuten infoseek

辞書

頼三樹三郎【らい みきさぶろう】

美術人名辞典

頼三樹三郎
幕末の志士儒者。京都生。頼山陽三男。名はは子春、別号崖等。後藤松陰篠崎小竹佐藤一斎梁川星巌らに学ぶ。尊攘論を唱え、星巌・梅田雲浜らと国事に奔走安政の大獄に連座した。安政6年(1859)歿、35才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

らい‐みきさぶろう〔‐みきサブラウ〕【頼三樹三郎】
[1825~1859]江戸末期の尊攘派の士。京都の人。山陽の三男。大坂・江戸に遊学勤王の志を抱き、梁川星巌らと国事に奔走。安政の大獄で捕らえられ、刑死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

頼三樹三郎 らい-みきさぶろう
1825-1859 幕末の儒者。
文政8年5月26日生まれ。頼山陽の3男。大坂,江戸に遊学し,嘉永(かえい)2年郷里の京都にもどり家塾をつぐ。梁川星巌(やながわ-せいがん),梅田雲浜(うんぴん)らと尊攘(そんじょう)運動にはしり,将軍継嗣問題では一橋慶喜(よしのぶ)の擁立をはかる。安政の大獄で捕らえられ,安政6年10月7日処刑された。35歳。名は醇。字(あざな)は子(士)春。号は鴨厓。
【格言など】まかる身は君が代おもふ真心の深からざりししるしなるらむ(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

らいみきさぶろう【頼三樹三郎】
1825‐59(文政8‐安政6)
幕末の志士,儒者。名は醇,通称三樹三郎,三樹八郎ともいい,号は鴨崖。頼山陽の三男。1843年(天保14)昌平坂学問所遊学,寛永寺の石灯籠を倒すなどして徳川氏への反感を示した。49年(嘉永2)京都で開塾,梅田雲浜(うんぴん),梁川星巌らと交渉を深め,公家の間に幕府批判の意見を入説した。58年(安政5)戊午の密勅降下に関係し井伊大老の失脚をはかったため,安政の大獄で処刑される。【山口 宗之】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らいみきさぶろう【頼三樹三郎】
1825~1859 幕末の志士。京都の人。山陽の三男。名は醇。梁川星巌・梅田雲浜らと尊攘運動に奔走。一橋慶喜将軍擁立派と結んで朝廷に働きかけたが、安政の大獄で刑死。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

頼三樹三郎
らいみきさぶろう
[生]文政8(1825).5.26. 京都
[没]安政6(1859).10.7. 江戸
江戸時代末期の尊攘派の勤王家,志士。幼名は造酒八。名は醇。字は子春 (士春) 。三樹八郎また三木三郎と通称し,鴨 厓,古狂生と号した。頼山陽の第3子。幼時から非凡で,父の寵愛を受けたが,8歳の秋,父を失い,川上東山に教えを受け,大坂に下って後藤松陰の塾に学んだ。羽倉簡堂に伴われて江戸に遊学し,昌平坂学問所に入ったが,幕府への反感から事を起して退寮を命じられた。弘化3 (1846) 年蝦夷地に旅行し,京都に家塾を開いた。アメリカ軍艦渡来にあたり,幕府の措置を非難し,勤王攘夷の説を唱え,梁川星厳らと往来し,宮家,公卿の間を遊説。安政の大獄に連座し,江戸,小塚原で斬首された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

頼三樹三郎
らいみきさぶろう
(1825―1859)
幕末の尊攘(そんじょう)派の志士。名は醇(じゅん)、号は鴨崖(おうがい)。文政(ぶんせい)8年5月26日、頼山陽の子として京都に生まれる。16歳のとき大坂の後藤松陰(しょういん)に師事、かたわら篠崎小竹(しのざきしょうちく)に学ぶ。1843年(天保14)羽倉簡堂(はくらかんどう)に伴われて江戸に行き昌平坂(しょうへいざか)学問所に学ぶ。上野不忍池(しのばずのいけ)の弁天堂の石灯を倒したかどで46年(弘化3)退寮を命じられたといわれる。同年東北漫遊の旅に出、49年(嘉永2)帰京。家塾を守るかたわら梁川星巌(やながわせいがん)ら尊攘の士と交わり、58年(安政5)水戸藩への攘夷勅諚(じょういちょくじょう)降下を運動、大獄が起こると9月に連座して捕らえられ、翌年江戸評定所(ひょうじょうしょ)で訊問(じんもん)ののち、10月7日国家重大の政事向きを論じ天下を擾乱(じょうらん)させたとして死罪となった。大橋訥庵(とつあん)が回向(えこう)院(東京都荒川区)に遺骸(いがい)を葬り、62年(文久2)死罪御免(ごめん)となってのち松陰神社(世田谷(せたがや)区)境内に改葬された。[頼 祺一]
『木崎好尚著『頼三樹伝』(1943・今日の問題社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

頼三樹三郎 (らいみきさぶろう)
生年月日:1825年5月26日
江戸時代末期の儒学者;志士
1859年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らい‐みきさぶろう【頼三樹三郎】
幕末の勤王家。京都の人。名は醇。頼山陽の第三子。尊攘派の急先鋒として梁川星巖、梅田雲浜らと国事に奔走し、尊攘論を説きまわったが、井伊大老の安政の大獄で捕えられ、吉田松陰、橋本左内らとともに死罪に処せられた。文政八~安政六年(一八二五‐五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

頼三樹三郎
らいみきさぶろう
1825〜59
幕末の尊攘派志士・儒学者
山陽の子。京都で梁川星巌 (やながわせいがん) ・梅田雲浜 (うんぴん) らと交わり,尊王攘夷運動に活躍。条約勅許問題将軍継嗣問題がもとで,安政の大獄で死罪となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頼三樹三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

頼三樹三郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.