Rakuten infoseek

辞書

頻脈【ひんみゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

頻脈
ひんみゃく
tachycardia
成人で1分間に 100回以上の脈拍をいう。発熱時,貧血,心不全,出血後,甲状腺機能亢進症心筋炎などの際にみられる。ただ,小児の場合,心拍数は正常でも毎分 100をこえている。なお,脈の特殊な型に発作性頻脈がある。これは,突然に脈拍が増加して 200以上になり,数分から数時間または数ヵ月続いて,突然もとの脈拍数に戻るものをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひん‐みゃく【頻脈】
脈拍数が異常に多い状態。1分間に100回以上の場合をいう。頻拍。→徐脈

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひんみゃく【頻脈 tachycardia】
頻拍ともいう。心臓の拍動数(心拍数)が多くなった状態をいい,成人では1分間に100以上の状態をいう。これに対し,心拍数が減少し,成人の場合,50以下の状態を徐脈(または徐拍)bradycardiaという。健康な人でも,精神的興奮や不安,ある種の薬物の摂取や運動などによって,心拍数が増加し,頻脈の状態になるが,刺激伝導系の異常による不整脈では,以上のような生理的原因以外でも頻脈が起こる。 頻脈のあるときの症状で,最も多いのは動悸であり,ときに胸部不快感,胸痛,息切れなどが伴う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひんみゃく【頻脈】
脈拍数が異常に多い状態。普通毎分一〇〇以上をいう。運動や興奮時のほか、心臓の病気やバセドー病などで起こる。頻拍。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

頻脈
ひんみゃく
tachycardia
脈拍が1分間に100以上ある場合を頻脈といい、増加した心拍の刺激発生部位により、洞性頻脈、上室性頻拍症、心室性頻拍症に分類される。また、心房細動、心房粗動でも頻脈になることがある。洞性頻脈は運動や発熱などの生理的原因のほか、甲状腺(せん)機能亢進(こうしん)症、高度の貧血、肺機能不全などの心臓以外の原因によってもおこる。心不全がある場合にも頻脈になることが多い。いずれも原因疾患の治療が優先される。
 頻脈をおこす不整脈のうちで心室性頻拍症は、その発生頻度は少ないが、放置すれば致死的な不整脈である心室細動に移行しやすいので、適確に診断して早期に治療する必要がある。普通は器質的心疾患に伴って出現することが多く、この頻拍症がおこると患者の状態は急激に悪化し、心不全に陥る。[井上通敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひん‐みゃく【頻脈】
〘名〙 肉体的、精神的興奮状態ではないのに、脈拍数が異常に多い症状。通常一分間に一〇〇回以上の場合にいう。〔薬の効用(1964)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頻脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

頻脈の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンダラ トーレスリスベス トリケット

他サービスで検索

「頻脈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.