Rakuten infoseek

辞書

頭人【トウニン】

デジタル大辞泉

とう‐にん【頭人】
集団のかしら。頭目。
「工場の―、自らその作れる釜の図を持し」〈中村訳・西国立志編
鎌倉・室町幕府における引付衆長官
室町幕府の政所(まんどころ)評定所侍所(さむらいどころ)などの長官。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうにん【頭人】
鎌倉・室町両幕府の職名。両幕府の裁判を担当した引付方では,三方あるいは五方等のいくつかの部局で構成されており,その一方(部局)の長官が頭人で,部局を構成する引付,奉行人を統率して裁判を指揮した。御家人の指揮や検断(警察裁判)を担当した侍所では,鎌倉幕府においては長官たる別当腹心として事実上指揮・検断権を行使したのが頭人で,室町幕府においては別当が置かれなかったため,頭人が長官として侍所を管轄した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうにん【頭人】
鎌倉・室町幕府の引付衆の主席。引付頭人。
室町幕府の職名。政所まんどころ・評定衆・侍所などの長官。
かしらだつ者。頭。おさ。 丹次郎は衒かたりの-/人情本・梅児誉美

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐にん【頭人】
〘名〙
① 集団の長として、集団を代表し、統率する人。首領。頭(かしら)。とうじん。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「丹次郎は衒(かたり)の頭人(トウニン)
② 鎌倉・室町幕府の引付の部局長。引付頭人。頭人奉行。
※吾妻鏡‐建長二年(1250)四月二日「引付事、巳尅以前可行之、云頭人、云奉行人、莫遅参
③ 室町幕府の政所・評定所・侍所などの長官。
※斎藤基恒日記‐文安六年(1449)四月二日「執事代事、被付玄良〈頭人真蓮代蜷新右入知温〉」
④ 大名の家中の常備軍である各隊の長。番頭(ばんがしら)。物頭(ものがしら)。組頭。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二「大名方に取り入り、所司代・奉行・頭人(トウニン)に目を懸けられ」
⑤ 歌会・詩会・茶会などの会合で、頭役をつとめる人。世話役。主人。
※太平記(14C後)三三「在京の大名・衆を結んで茶の会を始め、〈略〉初度の頭(トウ)人は奥染物各百宛(づつ)
⑥ 祭礼で、頭役をつとめる人。また、祭礼の世話役。頭屋の主人。
※多聞院日記‐文明一〇年(1478)八月一四日「自宮本薄縁を東九条へ二畳下行は、頭人二人に下行」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

頭人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.