Rakuten infoseek

辞書

領/襲【クダリ】

デジタル大辞泉

くだり【領/襲】
[接尾]助数詞。衣装や幕・蚊帳などを数えるのに用いる。そろい。
「宮の御装束一―かづけ奉り給ふ」〈・若菜下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう〔リヤウ〕【領】
[名]
領有すること。また、領有する土地。領分。領地。「他国のとなる」「オランダ
律令制で、郡司の官職。長官が大領、次官が少領。
[接尾]助数詞。衣類・鎧(よろい)など、一そろいの物を数えるのに用いる。「両」とも当てて書く。「鎧一」「式服三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【領】[漢字項目]
[音]リョウ(リャウ)(呉) レイ(漢) [訓]えり くび うなじ
学習漢字]5年
首筋。うなじ。「領巾(れいきん・りょうきん)
着物のえり。「領袖(りょうしゅう)
重要なところ。「綱領要領
中心になって取り仕切る。また、その者。「領事管領(かんりょう・かんれい)宰領首領総領頭領大統領
先頭に立って率いる。「領導」
自分のものとして所有し、支配する。また、その場所。「領域領海領主領土領有英領横領寺領所領占領属領自治領
受け取る。「領収受領拝領
心に受け入れる。承知する。「領解領承
[名のり]おさ・むね
[難読]少領(すけ)・領巾(ひれ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょう【領】
(1)近世における領主支配地の単位の呼称。御領領分領地,領域などと称されるが,大名の所領について尾州領,川越領,棚倉領などともいわれている。(2)中世から近世前期に用いられた行政単位の名称。中世の国,郷,荘,保という支配系列が戦国時代に荘,保が消滅し郷が領に改編された。関東の場合,後北条氏は軍事組織を衆,行政組織を領としたが,領は数ヵ村の郷村を含んだ広域行政体となった。武蔵国松山領の範域は松山城で吹く法螺貝(ほらがい)の聞こえる範囲といわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょう【領】
( 名 )
(藩や国の名の下に付けて)領有する土地。領土。 「仙台-」 「フランス-」
律令制で、郡司の官職名。長官を大領、次官を少領という。
( 接尾 )
助数詞。鎧よろい・衣服など一そろいのものを数えるのに用いる。 「鎧一-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うし‐は・く【領】
〘他カ四〙 (うし(主)として領有するの意) おさめる。統治する。うすはく。
※古事記(712)上「汝が宇志波祁(ウシハケ)る葦原の中つ国は我が御子の知らす国ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うす‐は・く【領】
〘他カ四〙 =うしはく(領)
延喜式(927)祝詞「吾が地と宇須波伎(ウスハキ)坐せと進る幣帛は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう リャウ【領】
[1] 〘名〙
① 令制で郡司(ぐんじ)の官職名。長官を大領(たいりょう)、次官を少領(しょうりょう)といった。こおりのみやつこ。
※霊異記(810‐824)中「烏の鄙なる事を示(み)て、領、道心を発す」
② 領有する土地など。領有物。所領。領地。ろう。「水戸領」「仙台領」「イギリス領」「フランス領」など、藩や国の名の下に付けて、その国の領地、領土であることを表わすこともある。また、あるものが支配する範囲。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「うけ給はれば、このくら、せんじょの御りゃうなりけり」
[2] 〘接尾〙 (「領」は衣服の襟(えり)の意、あて字として「両」も用いられた) 装束・鎧(よろい)などのひとそろいの数をかぞえるのに用いる。くだり。
※書紀(720)欽明二三年八月「甲二領、金餝(こかねつくり)の刀二口」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう‐・す リャウ‥【領】
〘他サ変〙 ⇒りょうする(領)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう‐・する リャウ‥【領】
〘他サ変〙 りゃう・す 〘他サ変〙 (古くは「りょうずる」とも)
① 手に入れる。自分の所有とする。占有する。自己の所有として支配する。
落窪(10C後)二「世に生きたりとも、さばかりの家りゃうすばかりにはあらざらまし」
太平記(14C後)二九「須彌の四方を領して、鬼門の方を守護し」
心霊魔物などが取りついて思うままにする。とりこにする。
今昔(1120頃か)一四「其の毒蛇の為に被領て、我、其の夫と成れり」
③ 受け取る。領収する。また、了承する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろう ラウ【領】
〘名〙 (「りょう(領)」の直音表記) 領地。りょう。
※栄花(1028‐92頃)岩蔭「殿おはしまして、南の院を奉らせ給ひて、別納をば三宮の御らうにとおぼしめしたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろう‐・ず ラウ‥【領】
〘他サ変〙 (「ろう」は「りょう(領)」の直音表記)
① 領地・荘園・家屋などを自分のものとして所有する。
※蜻蛉(974頃)上「川のあなたに、按察の大納言のらうじ給ふ所ありける」
② 人や物事を自分のものにする。ひとりじめにする。
源氏(1001‐14頃)明石「良清がらうじていひしけしきもめざましう」
③ とりこにする。物の怪(け)などがとりついて離れない。
※源氏(1001‐14頃)夢浮橋「猶このらうじたりける物の身にはなれぬ心地なんする」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

領/襲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

領/襲の関連情報

他サービスで検索

「領/襲」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.