Rakuten infoseek

辞書

領袖【リョウシュウ】

デジタル大辞泉

りょう‐しゅう〔リヤウシウ〕【領袖】
えりと、そで。
《「晋書」魏舒伝による。えりとそでとは人目に立つところから》人を率いてその長となる人物。ある集団の中の主となる人物。「各派の領袖が会合を開く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

りょうしゅう【領袖】
えりとそで。
とがよく目につくことから 人の頭に立つ人。主となる人。長。 派閥の-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐しゅう リャウシウ【領袖】
〘名〙
① えりとそで。
※本朝文粋(1060頃)一四・為覚運僧都四十九日願文〈大江以言〉「織忍辱以為薜衣之領袖。構止観以為桑門之枢鍵
② (衣のえりとそでは人目につきやすいところから) 人の上に立ってその代表となるような人物。人のかしらに立つ人。また、集団の中のおもだった人。
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「材堪後進之領袖者」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「其筈サ、彼奴は、淫(イン)モウラル波(パ)アチイ〔放蕩連〕の、領袖(リャウシウ)じゃもの」 〔晉書‐魏舒伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

領袖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

領袖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.