Rakuten infoseek

辞書

領主【リョウシュ】

デジタル大辞泉

りょう‐しゅ〔リヤウ‐〕【領主】
《古くは「りょうじゅ」》
領国を支配している人。領土の持ち主。
平安時代以後、特定の土地を所有し、かつその土地と在住民を直接的あるいは代官などによって間接的に支配し収益する者。
江戸時代、土地を所有し人民を支配する権力を持つ大名小名旗本などの称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうしゅ【領主】
土地・財産などの領有者。日本においては平安時代の10世紀ごろから,この語が用いられるようになった。〈領主諸院〉(延喜4年(904)唐招提寺文書),〈御牧是有領主(中略),寺神領田畠,私人領公田,其数已多(中略),然而其領主各別也〉(康保3年(966)東大寺文書),〈吾等是此山領主丹生高野祖子両神也〉(寛弘1年(1004)前田家本高野寺縁起所収太政官符案)などと見えるのが比較的早い例である。領有の対象は田畠・山地など。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょうしゅ【領主】
領土の持ち主。領国の君主。 「封建-」
平安時代以降、私領を形成し在地にあって直接的に統治した者。開発領主や荘園内における私領主、新恩地を賜った地頭など。
江戸時代、大小名や旗本などの土地支配者。
中世ヨーロッパにおいて荘園や村落を直接的に支配した者。農民に賦役・貢納を課し裁判権・警察権を行使し、領地の秩序維持や防衛にあたった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

領主
りょうしゅ
自己の所有地内の住民に対して政治的支配権をもつ大土地所有者。[橡川一朗]

西洋

3世紀以降ローマ帝国の大土地所有者は小作農の自由を制限してコロヌスに転落させ、他方、皇帝から免税特権を得た。これが領主制の始まりで、西ローマ滅亡後、ゲルマン人の征服王国内に広まった。フランク王国で古典荘園(しょうえん)が成立したころ、大荘園領主は国王から独立の裁判権すなわち不入権(広義のインムニテートImmunitt)を得て、領主権を完成させたといわれる。ただしその権力は、荘園内の農民に対しては名目的なものにすぎなかった。たとえば11世紀の西南ドイツのウォルムス司教領『荘民団規則』(グリム編『村法類』第一巻)第30条には、領主が殺人犯人を処罰する権限さえ行使できず、事件の決着は農民間の仇討(あだうち)にゆだねられた事実が明記されている。それは古典荘園内の標準的な農民が実は一種の富農であり、奴隷を所有する小支配者であったことによる。
 フランスでは11世紀以降、地代荘園の時代に入り、富農が減少して、小農民が標準的農民となった。他方、各地に中小領主が台頭したが、新旧領主とも、依然多数の奴隷を所有して、その一部に武装させた。領主はこの武装奴隷隊をもって小農民を抑圧し、農奴制を実現した。すなわち各領主は自己の荘園内で独立の裁判権を行使し、農民から過酷な封建地代を徴収した。これに対して12世紀以後、農民の反抗が起こり、領主は地代の軽減や奴隷の解放を余儀なくされた反面、領主連合の結成に努めた。その結果、伯(コントcomte)や公(デュクduc)の称号をもつ有力領主が、中小領主を動員する権能を認められるとともに、刑事裁判権を委託された。ジャクリーの大農民反乱を機に農奴制は動揺し始めたが、16世紀以後これに備えて絶対主義が成立すると、伯などの裁判権は国王のもとに集中され、領主権は地代徴収権と若干の民事裁判権に限定され、最後にフランス革命によって否定された。
 イギリスでは13世紀ごろ農奴制が成立したが、原則として刑事裁判権は国王に直属し、領主権は制限されていた。この原則は、地方的な領主連合団体が自ら裁判官を選出したため、しばしば破られたが、15世紀末の絶対主義成立によって、ほぼ実現された。領主制が絶対主義とともに廃棄されたのは、ピューリタン革命による。
 ドイツでは13世紀ごろから地代荘園の時代となり、大小領主の間に裁判領主と荘園領主との区別が生まれた。しかも裁判領主の権限にも上下の別が生じ、高裁判領主は重罪裁判権およびその他の事犯や民事訴訟の最終裁判権をもち、低裁判領主は重罪以外の刑事および民事事件を裁き、また荘園領主は地代徴収権と土地関係の民事裁判権のみをもった。なお高裁判領は、13世紀には伯領とほぼ一致したが、その後細分化し、人口1万前後の法域(ラントゲリヒトLandgericht)に分かれた。他方、16世紀ごろから大領主を君主とする領邦国家が成立し、大領邦の一つプロイセンでは高裁判権は君主の手に集中した。しかし最大の領邦オーストリアでは、たとえばその支邦である上オーストリアで、1770年に中級領主に属する法域57、完全自治都市たる法域8、これに対して君主直属の法域は数個にすぎなかった。その他の領邦国家もオーストリアに似て、法域国家の連合体という性格が強かった。
 そのうえ法域領主の高裁判権も名目のみで、殺人事件が依然農民・市民間の仇討によって処理されたことは、14世紀の『バッハラッハBacharach仇討法』(西南ドイツ、グリム編同上第二巻)やグロティウス『オランダ法学入門』Inleiding(三の34の6)の証言など数十編の史料によって確認できる。なおこの仇討が被害者・加害者双方の親族団による集団的戦闘であったのに対して、農民・市民の住居への侵入者は、被侵害者による切り捨てという報復を受けたが、これは単独の仇討と考えられ、その史料は1700年前後のものまで30編余に達する。
 かように殺人や家宅侵入などの犯罪が私的な仇討によって処理されたのは、ドイツの農民・市民の中核が依然、奴隷所有者だったからである。すなわち1212年のエンスEnns(上オーストリア)市法および21年のウィーン市法によれば、市民は男女の奴隷を所有し、1348年のメッペンMeppen教会領史料(西北ドイツ、グリム編同上第三巻)では領主と農民とが奴隷を交換している。この奴隷はドイツ語でゲジンデGesinde(下人(げにん))とよばれ、16世紀のシュタイルSteyr荘園『荘民法』(『オーストリア村法類』第13巻)第7条によれば、富農は自己の下人を懲戒して殺す権利をもっていた。したがってドイツの領主権は、農民・市民に対して、せいぜい調停の機能を果たしたにすぎず、逆に富農や市民が小支配者として一種の領主権をもち続けたといえる。かかる農民・市民的領主権が公式に否定されたのは、プロイセンによるドイツ統一後の1872年、プロイセン『下人法』中の下人懲罰権条項が削除されたときである。しかし旧プロイセンでは貴族による下人や農業労働者への不当な支配が続けられ、このような領主権の名残(なごり)の完全な消滅は第二次世界大戦の敗戦による。[橡川一朗]

日本

前近代社会において、所領として土地を領有し、所領に属する農民を支配して地代を収取する者をいう。日本の場合、中世の在地領主と荘園(しょうえん)領主、近世の幕藩領主がその典型となる。それら領主は、「家」とその長を領有の主体とし、大小、貴賤(きせん)、嫡庶、聖俗、官位、職能などによって、多様な身分階層秩序に編成されていた。
 日本の領主の起源は、古代の地方豪族と官人貴族に求められる。律令(りつりょう)国家の公地公民支配のもとで、私領私民の獲得は著しく制約されていたが、勢家豪民が「富豪の輩(ともがら)」として登場し、私営田・私出挙(しすいこ)で蓄積した動産を投下して土地の私的経営と開発を推し進めた結果、中世の在地領主と荘園領主が生成し発展する。一方彼らは貴族政権の位階や中央・地方の官職を領主権力の支えとし、さまざまな所職(しょしき)に任じられ、これを所領化して伝領した。領主としての所領の経営は、春の勧農、夏の検田、秋の収納、年中の恒例・臨時の雑公事(ぞうくじ)・夫役(ぶやく)の徴集を基本とし、そのほか杣(そま)、牧、狩場、浦など山野河海の支配に及ぶことが多かった。また領主権は、しばしば市(いち)や津の統制、神事・仏事の興行、領民の裁判、犯科の検断などについても行使される。さらに領主は所領の保全と伝領、回復や拡充のために、長期にわたる相論・訴訟や、押領(おうりょう)・闘乱を辞せず、公武権門の庇護(ひご)を求めて軍役その他の諸役を勤仕し、軍功の恩賞を期待して合戦に馳(は)せ参じた。[戸田芳実]
『橡川一朗著『西欧封建社会の比較史的研究』増補改訂版(1984・青木書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐しゅ リャウ‥【領主】
〘名〙 (古くは「りょうじゅ」)
① 領土の主。領国の元首。
※日葡辞書(1603‐04)「Reǒju(リャウジュ)。または、Riǒju(リャウジュ)〈訳〉領主、つまり知行や領地の主人」
② 平安時代以後、特定の土地を所有し、かつその土地と在住民を直接的にあるいは、代官などによって間接的に支配し収益する者。途中から領有権を委譲された者に対して当初からの領主を特に開発(かいほつ)領主などと呼ぶ。
※唐招提寺文書‐延喜四年(904)一〇月一五日・唐招提寺使解案「謹上領主諸院」
※義経記(室町中か)七「大津のりゃうじゅ山科左衛門、園城寺の法師を語らひて、城郭を構へて相待つ」
江戸時代、知行(領知)権を持つ武士。土地を所領し人民を支配する権力を持つ大小名、旗本・給人の称。
※御触書寛保集成‐一・宝永七年(1710)四月一五日「私領百姓の訴論は、其領主の裁断たるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

領主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

領主の関連情報

他サービスで検索

「領主」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.