Rakuten infoseek

辞書

須恵器【すえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

須恵器
すえき
古墳時代の後半から日本でつくられた陶質の土器祝部土器(いわいべどき)とも呼ばれた。青黒色,硬質で,弥生土器土師器とはその系統を異にする。『日本書紀』には新羅からの渡来人によってつくられたのが始まりとあり,朝鮮でその祖形がみつかっている。須恵器を焼いたは長さ約 6~7mの窖窯で,今日「すえ」の地名のあるところには,須恵器の窯跡が発見されることが多い(→陶邑古窯址群)。器形には,かめ,高坏,器台などがある。特別なものとしては,大きな高坏に小さな高坏を取り付けたものや,人物像を取り付けたもの,鳥形や家形のものなどがある。食器,祭器として使用された。(→日本工芸

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すえ‐き〔すゑ‐〕【須恵器/陶器】
日本古代の灰色の硬質土器。一部轆轤(ろくろ)を利用して作り、穴窯(あながま)を用いて1200度くらいの高温で焼く。朝鮮半島から到来した技術により5世紀に誕生し、平安時代におよんだ。祝部土器(いわいべどき)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

須恵器
 青い色の土器で、古墳時代に朝鮮半島からもたらされました。ろくろを使って形を作り、窯[かま]で焼きます。専門の工人が作っていたようです。律令[りつりょう]時代にも作られますが、次第になくなります。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すえき【須恵器】
青灰色の,堅く焼きしまった土器。中国灰陶の系譜をひき,直接には朝鮮伽倻(かや)地方(加羅)の陶質土器の系統に属する。5世紀中ごろ(古墳時代中期)前後に,伽倻地方から陶工集団が渡来して生産を開始した。大阪陶邑(すえむら)窯に始まり(陶邑古窯址群)(図),生産地はやがて東海,四国,九州などの各地へ拡散していく。奈良~平安時代には〈陶器〉と表したが,釉薬をかけた陶器との混乱をさけ,考古学では須恵器と書き,〈すえのうつわ〉ともいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

すえのうつわ【須恵器】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

須恵器
すえき
一般的には、青灰色を呈し、堅く焼け固まった施釉(せゆう)しない素焼(すやき)の焼物であるということができるが、赤褐色を呈するものや、美しい自然釉が認められるものもあり、かならずしも一定しない。古墳時代に朝鮮半島からその製作技術が伝えられたもので、構築した窯(窖窯(あながま))を有し、1000℃以上の高温で焼成することや、ろくろを使用し多量の製品を同一規格でつくりうることなど、従来の土器(土師器(はじき))にみられない画期的な焼物である。とくに保水性に富む利点は貯蔵容器として需要を拡大した。器種には、貯蔵容器たる甕(かめ)、壺(つぼ)、供膳(くぜん)容器たる蓋坏(ふたつき)、高坏(たかつき)、器台、鉢など、煮沸容器として甑(こしき)がおのおのみられる。
 製作技術は、遺物の近似することなどから、朝鮮三国時代の百済(くだら)、新羅(しらぎ)、伽(かや)地域からもたらされたとされるが、時期は4世紀末から5世紀後半までの間、諸説があり一定しない。文献史料からは『日本書紀』垂仁(すいにん)天皇3年の一云条に「近江国(おうみのくに)(かがみ)村の谷の陶人(すえびと)は則(すなわ)ち天日槍(あめのひぼこ)の従人(つかいびと)なり」とある。さらに雄略(ゆうりゃく)天皇7年是歳(ことし)条には「新漢陶部高貴(いまきのあやのすえつくりこうき)」の名がみえる。前者は滋賀県蒲生(がもう)郡竜王町所在の鏡窯址(ようし)群を示すものと考えられるが、古くさかのぼる須恵器窯址は確認されていない。後者の故地は不明であり、両記事ともあいまいな点が多く、確たるものとはなりえない。須恵器は北海道を含む全国各地の遺跡から出土しており、その検討が年代、性格推定の重要な資料となっている。とくに規格性に優れる点から、その比較検討が可能で、主たる研究が型式編年の確立に向けられてきた。代表的な生産跡としては、大阪府陶邑(すえむら)窯址群、桜井谷窯址群、愛知県猿投山(さなげやま)西南麓(ろく)窯址群、岐阜県美濃須衛(みのすえ)窯址群、香川県陶邑窯址群、兵庫県札馬(さつま)窯址群などがある。なお平安時代の税、調として須恵器を貢納した国は『延喜式(えんぎしき)』によると、「和泉(いずみ)、摂津(せっつ)、山城(やましろ)、美濃(みの)、讃岐(さぬき)、播磨(はりま)、備前(びぜん)、筑前(ちくぜん)」の各国であった。[中村 浩]
『中村浩著『須恵器』(1980・ニュー・サイエンス社) ▽田辺昭三著『須恵器大成』(1981・角川書店) ▽楢崎彰一編『世界陶磁全集2 日本古代』(1979・小学館) ▽原口正三著『日本の原始美術4 須恵器』(1979・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須恵器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

須恵器の関連情報

他サービスで検索

「須恵器」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.