Rakuten infoseek

辞書

須彌【しゅみ】

精選版 日本国語大辞典

しゅみ【須彌】
※菅家文草(900頃)二・夢阿満「到処須彌迷百億、生時世界暗三千
※平家(13C前)一〇「倩(つらつ)ら一生の化行(けぎゃう)をおもふに、罪業は須彌よりもたかく、善業は微塵ばかりも蓄へなし」
[2] 〘名〙
※浄瑠璃・公平誕生記(1661頃)初「さればしゅみに立給ふ、たもん、ぢごく、ぞうちゃう、くゎうもくでんをひゃうして」
② 頭(あたま)をいう人形浄瑠璃社会の隠語。
※洒落本・虚実柳巷方言(1794)中「あたま、しゅみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すみ【須彌】
※梁塵秘抄(1179頃)二「眉の間の白毫は、五つのすみをぞ集めたる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

須彌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

須彌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.