Rakuten infoseek

辞書

【こう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


こう
term
級数 a0a1+… で各 an のことをいう。特に多項式やべき級数 c0c1xc2x2+… で cnxn のことをいうことが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うな【項】
[語素]他の語の上に付いて、首、また首の後ろの部分の意を表す。「うなずく」「うなかぶす」「うなかみ項髪)」などので用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うな‐じ【項】
《「うな(項)しり(後)」のか》の後ろ。襟首

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう〔カウ〕【項】
あるまとまりをもつ事柄をさらに細かく分類したものの、一つ一つ。また、それを記述した文章。項目。法律の箇条書きにおける条(じょう)の下位分類や、辞書の一つ一つの見出しとその解説文などにいう。「別ので詳述する」「憲法第九条第二
予算決算などで、款(かん)の下位に分けられる部分。項をさらに目(もく)・節(せつ)などに分ける。
数学の用語。
多項式を構成する各単項式
数列級数をつくっている各数。
を構成する各量。
首の後ろの部分。くびすじ。
「其―を扼して」〈田口日本開化小史

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう【項】[漢字項目]
常用漢字] [音]コウ(カウ)(漢) [訓]うなじ うな
首筋。うなじ。「項背」
小分けした一つ一つ。事柄。「項目事項条項前項別項要項
数式を組み立てる要素。「移項多項式
[名のり]うじ
[難読]項垂(うなだ)れる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐くび【項】
くびの後ろの部分。えりくび。うなじ
「童の―を取りて」〈宇治拾遺・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こう【項】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うな【項】
首の後ろの部分。「うなじ」「うなだれる」「うなずく」など、他の語の上に付いて複合語をつくる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うなじ【項】
首の後ろの部分。えりくび。 -を垂れる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう【項】
事柄を順序だてて分けたときの、一つ一つ。箇条書きにしたものの各条。項目。事項。 次の各-に答えよ
多項式を構成するそれぞれの単項式。
数列・級数で、そのおのおのの数や式。
首の後ろの部分。くびすじ。えりくび。 -を摑んでむずと引き寄せ/義経記 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たてくび【項】
えりくび。 -をつかみ、逆様に取つて伏せ/義経記 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うな【項】
〘語素〙 「うなじ(項)」の意を表わす。「うなかみ」「うながける」「うなかぶす」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう カウ【項】
〘名〙
① 首のうしろの部分。くびすじ。うなじ。えりくび。
※義経記(室町中か)三「弓手の腕(かいな)をさしのべ、かうを掴んでむずと引き寄せ」 〔荀子‐脩身〕
② ある種類に属する、それぞれの事柄。事柄を小分けした一つ一つ。事項。特に、法律の箇条書きで、一条の中に行を立てて含まれる叙述。また文章一編の中で小主題を立てて述べられた部分。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「白爾(ベル)詳慎精密にこの一項(〈注〉ヒトカド)を究察し」
③ 歳入、歳出の予算、決算における区分の一つ。目的別に区分するときに用いる。款(かん)の下、目(もく)の上。〔仏和法律字彙(1886)〕
※会計法(明治二二年)(1889)六条「歳入歳出の総予算は之を経常臨時の二部に大別し、各部中に於て之を款項に区分すべし」
④ 数学で、
(イ)多項式を構成する各単項式。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
(ロ) 数列および級数を構成するおのおのの数、または、式。
(ハ) 比を構成するそれぞれの数。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

項の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.