Rakuten infoseek

辞書

音韻【オンイン】

デジタル大辞泉

おん‐いん〔‐ヰン〕【音韻】
音と響き。ねいろ。
漢字の音と韻。声母(漢字音の子音)と韻母(漢字音の頭子音を除いた後の部分)。
言語学で、音韻論的な考察を経て、具体的な音声から抽象された言語音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんいん【音韻】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おんいん【音韻】
言語の音声。
現実の音声に対して、言語学的分析に基づく抽象的な音。
音素。
漢字音の声母(頭子音)と韻母。
音色。響き。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おん‐いん ‥ヰン【音韻】
〘名〙
① 音とひびき。また、その調和。音色(ねいろ)
※経国集(827)一三・奉和搗衣引〈巨勢識人〉「音韻損相譲」 〔宋書‐謝霊運伝論〕
② (漠然と)言語音をいう。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「音韻(オンヰン)の似ると似ざるとには係(かかは)らず」
③ 漢字の表わす一音節の頭初の子音とそれを除いた後の部分。音(声母・頭子音)と韻(韻母)。
※寛永刊本江湖集鈔(1633)一「音韻は体用也。吹出す処が音也。それより色々に分て出る処が韻ぞ」
④ 言語学で、具体的な音声から音韻論的な考察を経て抽象された言語音。→音韻論音素
※国語音韻論(1931)〈金田一京助〉二「この抽象された音声観念が即ち言語学上音韻と呼ばれて、言語の形式を為す所のものである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音韻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

音韻の関連情報

他サービスで検索

「音韻」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.