Rakuten infoseek

辞書

音容【オンヨウ】

デジタル大辞泉

おん‐よう【音容】
声と姿
「―幻を去らずして、幾(ほとほ)と幽明の界を弁ぜず」〈紅葉金色夜叉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いんよう【音容】
声と姿。音声と容姿。おんよう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんよう【音容】
声と姿。いんよう。 -を懐かしむ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐よう【音容】
〘名〙 声と容貌。こわねとおもかげ。音貌(いんぼう)。おんよう。
※太平記(14C後)三七「含情凝睇謝君王、一別音容(インヨウ)両渺茫、昭陽殿裡恩愛絶」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐よう【音容】
〘名〙 声とすがた。また、相手の様子。いんよう。
※垂髪往来(1253)七月一五日「為誘引、深秘音容
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉後「音容幻を去らずして、幾(ほとほ)と幽明の界を弁ぜず」 〔白居易‐長恨歌〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音容」の用語解説はコトバンクが提供しています。

音容の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.