Rakuten infoseek

辞書

音叉【おんさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

音叉
おんさ
tuning fork
細長い均質の鋼棒をU字形に曲げ,湾曲部に柄をつけたもの。先端をたたくと,完全な正弦波である音波すなわち純音を発生する。その音の周波数は安定しており,持続時間が比較的長いため,楽器や音響測定の周波数標準に用いられる。振動に際して,図に示したように湾曲部に2つの節ができる。先端部は互いに離れたり近づいたりして振動する。柄のついている湾曲部の振幅は小さい。したがって,柄を手で持っても,音の振動は妨げられないという特徴がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おん‐さ【音×叉】
たたくと一定振動数の音を発生する音響器で、均質な鋼をU字形に曲げ中央に柄を付けたもの。楽器の調律や音の実験などに使われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんさ【音叉 tuning fork】
均質な細長い鋼の棒を中央でU字形に曲げてそこに柄をつけたもの。先端に近い部分をたたくと,決まった周波数の音をかなり長い間発生させることができ,楽器の標準音として用いられることが多い。音叉は多数の固有振動をもっているので,振動の与え方によって発生する音の部分音の構成が変化する。上音の周波数が基本音からはるかに離れているのが特徴で,柔らかいつちで軽くたたくと,基本音成分が多く純音に近い音になるが,堅いつちで強くたたくと上音を多く含んだ音がでる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おんさ【音叉】
音響測定、楽器の調律などに用いる道具。均質な細長い鋼の棒を U 字形に曲げ、中央に柄をつけたもの。先端をたたくと、一定の振動数をもつ音を発する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

音叉
おんさ
tuning fork
純音を発生させるための簡単な音響機器で、U字形の鋼鉄製の棒に柄(え)を取り付けたもの。その一端をたたくと、湾曲部に二つの節(ふし)(振動の振幅がゼロとなる場所)をもつ横振動をする。したがって、湾曲部での振幅は小さく、柄を手で持っても振動はそれほど妨げられない。これに対して、まっすぐな棒を振動させたときは、二つの節は大きく離れており、中央部の振幅は大きく、ここを持つわけにはいかない。また、まっすぐな棒の横振動の場合、基音と次の上音の振動数の比は1:2.76であるが、音叉では1:6.25と大きく離れている。一般に振動数が高いほど減衰が急激に大きくなるので、音叉の場合、上音はすぐに消えてしまい、基音のみ残り、したがって純音の発生に適している。また基音の振動数に共鳴する箱を音叉に取り付けて用いる場合もある。音叉の振動数は、棒の長さの2乗にほぼ逆比例し、厚さにほぼ比例する。また、音叉用の材料としてはそれの内部での振動の減衰がなるべく小さいものを選ぶのが望ましい。音叉は振動数が安定しているので、ピアノなどの楽器の調律に用いられ、また電気回路と結合した低周波発振器に利用されることがある。[比企能夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おん‐さ【音叉】
〘名〙 発音体の一種。均質の細長い鋼鉄棒をU字形に曲げ、湾曲部に柄をつけたもの。またはそれを木製の共鳴箱にとりつけたもの。先端を軽くたたくと一定振動数の基本振動が起こり、純音を発生する。標準音源として音の実験的研究、楽器の調律などに利用。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音叉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

音叉の関連情報

他サービスで検索

「音叉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.