Rakuten infoseek

辞書

音信【インシン】

デジタル大辞泉

いん‐しん【音信】
便り。通信。おんしん。
音信物(いんしんもの)」の略。
「―に、蛸(たこ)と辛螺(にし)と蛤蜊(はまぐり)と三いろを持たせやりたり」〈咄・醒睡笑・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐しん【音信】
手紙などによる連絡。便り。いんしん。「音信不通」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんしん【音信】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんしん【音信】
〔「いん」は漢音〕
おんしん(音信)」に同じ。 「 -が絶える」 「僕も東京へ移つてから一向-為ないが/青春 風葉
贈り物。進物。 「御-忝く存じ奉り候/芭蕉書簡」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おんしん【音信】
便り。おとずれ。 → いんしん(音信)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐しん【音信】
〘名〙 (「いん」は「音」の漢音)
① (━する) 便りをすること。便り。また、手紙や訪問によってよしみを通じること。おとずれ。おんしん。
※文華秀麗集(818)中・奉和春閨怨〈菅原清公〉「奈何征人大無意、一別十年音信賖」
※文明本節用集(室町中)「音信 インシン ヲトヅレ」 〔沈約‐襄陽白銅鞮歌〕
② (━する) 音信物(いんしんもの)。また、それを贈ること。
※多聞院日記‐文祿二年(1593)二月一七日「甚六造作付、甚介音信として両種・一荷遣之」
※浮世草子・俗つれづれ(1695)一「某(それがし)も名酒を造る宿へ酒樽の音信(ヰンシン)、さりとては不才覚」
[語誌]→「おんしん(音信)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おん‐しん【音信】
〘名〙
① 便りをすること。また、その便り。おとずれ。音塵。いんしん。〔小学読本字引(1877)〕
② 通常電報の字数の単位。片仮名の和文電報では、仮名、数字、句読点、括弧の記号一〇を一音信とし、以後五増加するたびに一音信を加える。
[語誌](1)常用漢字表では「音」のインの語例に「音信不通」をあげ、備考に「オンシンフツウとも」としている。「おんしん」は呉音、「いんしん」は漢音読み。明治期になるまでは「いんしん」。
(2)「おんしん」の語形は明治一〇年(一八七七)までには出現したが、同二〇年ころまでは「いんしん」が優勢。その後両形共存するが、戦後は「おんしん」の方が優勢である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

音信」の用語解説はコトバンクが提供しています。

音信の関連情報

他サービスで検索

「音信」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.