Rakuten infoseek

辞書

面面【メンメ】

デジタル大辞泉

めん‐め【面面】
[代]《「めんめん(面面)」の音変化》反射代名詞。自分。自分自身。
「人の口の端にもかからず、―の身も無事に納まる」〈滑・浮世床・初〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めん‐めん【面面】
[名]おのおの。一人一人。各自。めいめい。「一座の面面
[代]二人称の人代名詞。対等または目下の多数の者に呼びかけるのに用いる。
「―は何事をし侍るぞと仰せければ」〈仮・伊曽保・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

めんめ【面面】
( 代 )
〔「めんめん(面面)」の転〕
反照代名詞。自分。自分自身。 「誰が叩いた。-が叩いて置いてから/歌舞伎・桑名屋徳蔵」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めんめん【面面】
( 名 )
おのおのの人。めいめい。各自。 「出席の-と挨拶する」 「町内の-」
( 代 )
二人称。対等または目下の多数の相手に呼びかけるのに用いる。みんな。 「怪しめらるな-と、弁慶に諫められて/謡曲・安宅」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おもて‐おもて【面面】
〘名〙 それぞれ。各人それぞれ。めんめん。
※蜻蛉(974頃)中「かくおもておもてに、とさまかくさまにいひなさるれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めん‐め【面面】
〘代名〙 (「めんめん(面)(二)」の変化したもの)(反射指示) 自分。自分自身。
※浄瑠璃・壇浦兜軍記(1732)二「面々(メンメ)の夫の行方を此阿古屋に無理に知れか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めん‐めん【面面】
(「それぞれに」の意の和語「おもておもて」に当てた「面面」を音読みしたもの)
[1] 〘名〙 (形動)
① 一人一人別々に全部。各自。めいめい。また、そこにいる人たちや、その集団の人たち。
※平家(13C前)一二「後会其期を知らず、別の涙をおさへて面々におもむかれけん心のうち」
申楽談儀(1430)遊楽の道「風体・ぎゃうぎはめんめんかくかくなれ共」
② それぞれの方面。各方面。
※寛斎摘草(1786)二・夏日仲温邀飲海亭「長風海気変、面面夏雲生」
[2] 〘代名〙 対称。対等の、または目下の多数の相手に呼びかけるのに用いる。みんな。みなみな。相手その人自身の意で、反射指示にも用いる。
太平記(14C後)三「是身を全して敵を亡す計略也、面々如何計ひ給」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

面面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

面面の関連情報

他サービスで検索

「面面」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.