Rakuten infoseek

辞書

面長【オモナガ】

デジタル大辞泉

おも‐なが【面長】
[名・形動]
顔が長めなこと。また、そのさま。「面長な人」
態度や気持ちがのんびりしていること。また、そのさま。
「懐紙をな、眉にあてて私を、―に御覧なすって」〈鏡花・眉かくしの霊〉
お人よしであること。また、そのさま。
「少し―なる大臣共へ」〈浮・禁短気・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めんちょう【面長】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おもなが【面長】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
顔が長めなこと。また、その顔やさま。 「 -な女性」
気長なさま。のんびり。 「気も-に夏の日や/浄瑠璃・恋女房」
お人よしであるさま。まぬけ。 「かく-なる大臣にあはるる女郎、嘸さぞや心憂かるべし/浮世草子・色三味線」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おも‐なが【面長】
〘名〙 (形動)
① 顔がめなこと。また、その顔。
※名語記(1275)九「人のかほのおもなが、如何。長なり」
※われから(1896)〈樋口一葉〉一一「色の浅黒い面長(オモナガ)で」
② 態度や気持が悠長なこと。また、そのさま。気長(きなが)。のんびり。寛大。
※浄瑠璃・恋女房染分手綱(1751)一「気もおも長に夏の日や」
③ お人よしであること。まぬけなこと。気がきかないこと。また、そのさま。
浮世草子・傾城色三味線(1701)大坂「かくおもなが成る大臣にあはるる女郎、嘸(さぞ)や心うかるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めん‐ちょう ‥チャウ【面長】
〘名〙
① 顔面の長さ。また、長い顔。おもなが。
※古事談(1212‐15頃)一「万寿三年四月比、女長七尺余、面長二尺余、乗船寄丹後国浦
② (「面」は朝鮮の郡県の下にある自治的共同体の組織で、いくつかの里を合わせたもの)
(イ) 朝鮮の李朝時代に設けられた、面の長。里正ともいう。
(ロ) 韓国併合後、朝鮮総督府下に置かれた地方官の一つ。地方行政の最下級機関として、李朝以来の末端行政区画である面の行政事務を執行した。〔朝鮮総督府地方官官制(明治四三年)(1910)二五条(法令全書)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

面長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

面長の関連情報

他サービスで検索

「面長」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.