Rakuten infoseek

辞書

面無【おもな】

精選版 日本国語大辞典

おも‐な【面無】
(形容詞「おもなし」の語幹)
① 恥ずかしいこと。目ないこと。
源氏(1001‐14頃)玉鬘「『おもなの人や』とすこし笑ひ給ふ」
② あつかましいこと。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「『おもなのさまや』とみ給ふもにくけれど、『わりなし』と思へりしもさすがにて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おも‐な・し【面無】
〘形ク〙 (顔の意味の「おも」と形容詞「なし」とが結び付いてできた語)
① (自分自身の事柄に関して) 恥ずかしく、人に合わせる顔がない。面目ない。おもはゆい。⇔面立たし
※書紀(720)継体二四年九月(前田本訓)「臣未だ勅の旨を成さずして、京郷(みやこ)に還(まてこ)ば、労へられて往きて、虚しくして帰れるなり。慚(はつか)しく悪(オモナイ)こと安にか措(お)かむ」
※源氏(1001‐14頃)橋姫「はしたなかるべきやつれをおもなく御らんじとがめられぬべきさまなれば」
② (他人の言動に関して) 恥ずべきさまである。恥知らずである。あつかましい。臆面(おくめん)もない。また、物怖じしない。
※竹取(9C末‐10C初)「おもなき事をば、はぢを捨つるとは言ひける」
※枕(10C終)四七「すこし老いて、物の例知り、おもなきさまなるも、いとつきづきしくめやすし」
[語誌]上代では、すべて①の意であったが、中古になると、①の意の例はまれになり、一般に第三者の立場からの、②の意を表わすものとなった。ただし、中世、近世の擬古的文章では、再び①の意に用いられるようにもなっている。
おもな‐げ
〘形動〙
おもな‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

面無」の用語解説はコトバンクが提供しています。

面無の関連情報

他サービスで検索

「面無」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.