Rakuten infoseek

辞書

面影/俤【オモカゲ】

デジタル大辞泉

おも‐かげ【面影/×俤】
記憶によって心に思い浮かべる顔や姿。「亡き人の―をしのぶ」
あるものを思い起こさせる顔つき・ようす。「目もとに父親の―がある」「古都の―は今やない」
実際には存在しないのに見えるように思えるもの。まぼろし。幻影。
「夢に見えつるかたちしたる女、―に見えて、ふと消えうせぬ」〈夕顔
歌論用語で、作品から浮かびあがってくる心象。
「詞(ことば)のやさしく艶なる他、心も―もいたくはなきなり」〈後鳥羽院御口伝
面影付け」の略。
名香の名。香木は伽羅(きゃら)。
[補説]「俤」は国字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

面影
日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、しまざき由理(ゆり)。1975年発売。作詞:佐藤純弥、作曲:菊池俊輔。TBS系で放送されたドラマ「Gメン'75」の主題歌。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

面影/俤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

面影/俤の関連情報

他サービスで検索

「面影/俤」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.