Rakuten infoseek

辞書

面子【めんつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

面子
めんつ
mientzu
中国語をそのまま使用したもので,日本語としては面目体面ともいい,世間に対する体裁を意味する。古い中国の社会では外的な態度や行動がその人の価値を決定し,世間体,他人のおもわくが人の態度,行動を制約した。日本でも封建社会では身分制がきびしく,武士はその体面をけがさないように行動した。「面を立てる」とか「体面をつくろう」という場合,その実がないのに表面だけをつくろって威厳を保つ態度,行動を意味している。こうした外面性,形式性に偏したいわば悪い面ばかりでなく,自己の面子を保ちながら他人の面子も重んじることにより,人間同士の交際に洗練と優雅をもたらす面もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

めん‐こ【面子】
円形または長方形で表面に絵や写真のあるボール紙製の玩具。二人以上で互いに自分のものを出し、地面にたたきつけ合って、風の力で他人のものを裏返すなどして勝負を競う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンツ【面子】
《〈中国語〉》
体面。面目。「面子を立てる」「面子がつぶれる」「面子にかかわる」
マージャンを行うためのメンバー。転じて、会合などの顔ぶれ。「面子がそろう」
マージャンで、3個でひと揃いとなる牌(パイ)の組み合わせのこと。4つの面子と1つの雀頭(ジャントウ)で、上がりの形となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めんこ【面子】
おもちゃの一種。もとは粘土を焼いた直径3cmほどのもので,〈めんがた〉あるいは〈泥めんこ〉と呼ばれた。面,つまり人の顔や紋が面型でぬいてある。江戸時代につくられたもので,《嬉遊笑覧》には瓦の(かた)に土を入れてぬく〈面模〉と,芥子(けし)面(指先ほどの小さな彩色した面)から発展した〈面打(めんうち)〉があると記されている。このころには穴一(あないち)やビー玉のような遊び方をしていたが,明治10年代に薄い鉛製のめんこが登場した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

メンツ【面子 miàn zi】
顔・体面などを意味する中国語。面子の〈子〉は,中国語において名詞につく接尾字。中国語がそのまま転用され日本語としても同じ意味で使われている。〈面〉とは顔ということであるが,顔は外面的容姿を象徴し,また別に〈面〉が向かうという意味をもつことから,〈面子を立てる〉などの表現にみられるごとく,個人および集団の外面的な対応形式・体裁という意味で使用される。ただそれは世間的評価を意識した外面的対応であり,内面的自覚に基づく名誉とは異なる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めんこ【面子】
子供の玩具の一。円形・方形などのボール紙に絵を描いたもの。また、数人でこれを地面にたたきつけて、他人の札を裏返したり、その下に入れたりした者が勝ちとなる遊び。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンツ【面子】
体面。面目。 「 -をたてる」
麻雀で、三つで一揃いとなる牌の組み合わせ。
(麻雀の)メンバー。 「 -がそろう」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めん‐こ【面子】
〘名〙
① 子どもの玩具。鉛、土、ガラスなどで作った銭形のもので、片面は恵比須、大黒、鬼、狐などの仮面をかたどったもの。おはじきなどに用いた。面形(めんがた)
② ボール紙で作った円形または四角形の玩具。表面にいろいろな絵が書いてあり、鉛製のものもある。また、それを使ってする遊び。交互に相手の地上に置いたものに打ち当てて、裏返らせたり、その下に自分のを入れたりするのを勝ちとする。
※当世少年気質(1892)〈巖谷小波〉八「ナニこれが独楽(こま)や面子(メンコ)を買ふんでは無し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メン‐ツ【面子】
〘名〙 (中国語から)
① 体面。面目。
※信子(1938‐40)〈獅子文六〉一五「信子の面子(メンツ)にかけても、打棄(うっちゃ)って置けない」
マージャンを行なうのに必要な人。また、一般にある集まりの参加者。「メンツがそろう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

面子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

面子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.