Rakuten infoseek

辞書

非金属元素【ヒキンゾクゲンソ】

デジタル大辞泉

ひきんぞく‐げんそ【非金属元素】
単体が非金属である元素周期表硼素(ほうそ)アスタチンを結ぶ斜めの線の右側にある希ガスハロゲン酸素窒素炭素などと水素をいう。一般に電気的には陰性酸化物酸性を示す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひきんぞくげんそ【非金属元素 nonmetallic element】
単体が金属としての性質をもたない元素。周期表の右側にあるホウ素,炭素,ケイ素,窒素,リン,ヒ素,酸素,硫黄,セレン,テルル,第VIIB族(ハロゲン)元素,第0族元素および左最上部にある水素がこれに属する。すべて非遷移元素である。0族元素の単体は単原子気体(極低温では液・固体)であるが,他の元素の単体は一般に共有結合による原子の集団から成り,そのなかには少数の原子を含む分子(N2,O2,Cl2,P4,S8など)から成る融点・沸点の低い物質から,無数の原子が三次元的につながり合っている融点・沸点のきわめて高い物質(ダイヤモンドや黒鉛,ケイ素やホウ素の単体など)まで種々のものがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひきんぞくげんそ【非金属元素】
金属状態の単体をもたない元素。周期表上でホウ素からアスタチンを結ぶ線の右上に位置する元素と水素がほぼこれに当たる。水素と希ガスを別にして陰イオンとなりやすく、酸性酸化物をつくる。単体が分子から成るものが多い。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

非金属元素
ひきんぞくげんそ
non-metallic element
単体が非金属であるような元素をいう。金属元素に対する語。一般に電気陰性度の高い元素で、長周期型周期表で右上方部に集まっている。ただし、水素Hは左側にあるが非金属元素である。すなわち、水素H、ホウ素B、炭素C、ケイ素Si、窒素N、リンP、ヒ素As、酸素O、硫黄S、セレンSe、テルルTe、フッ素F、塩素Cl、臭素Br、ヨウ素I、ヘリウムHe、ネオンNe、アルゴンAr、クリプトンKr、キセノンXe、ラドンRnが非金属元素であり、常温で気体の状態にあるものが多い。これらのうちヘリウムHe以降の不活性気体は化学結合をつくりにくいが、他は電気的に陰性で共有結合をつくりやすく、分子を構成しやすい。しかし単体でも金属性および非金属性の同素体が存在していて、その区別がむずかしい元素もあり、たとえば、金属元素との境界にある元素、ゲルマニウム、ヒ素などはどちらに分類するかはあいまいで、半金属などということもある。一般に非金属元素の酸化物の水溶液は酸であるのに対し、金属元素の酸化物は塩基である。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひきんぞく‐げんそ【非金属元素】
〘名〙 金属元素以外の元素。一般に電気的には陰性で、酸化物は酸性になる。酸素、水素、窒素、炭素など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非金属元素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

非金属元素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.