Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

非ユークリッド幾何学【ひユークリッドきかがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

非ユークリッド幾何学
ひユークリッドきかがく
non-Euclidean geometry
ユークリッドは,その幾何学を展開するにあたって,点Pと,それを通らない直線 l とが与えられた場合に,点Pと直線 l の定める平面上で,「Pを通って l と交わらない直線は1本,そしてただ1本だけ引ける」と仮定した。しかし N.ロバチェフスキーと J.ボーヤイとは,この公理の代りに「Pを通って l と交わらない直線は無数に引ける」と仮定しても,まったく矛盾のない幾何学を展開しうることを示した。これをロバチェフスキー=ボーヤイの非ユークリッド幾何学という。また G.リーマンは,ユークリッドの公理の代りに「Pを通って l と交わらない直線は1本も引けない」と仮定しても,まったく矛盾のない幾何学を展開しうることを示した。これをリーマンの非ユークリッド幾何学という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひ‐ユークリッドきかがく【非ユークリッド幾何学】
ユークリッド幾何学平行線公理を、他の公理に置き換えて体系化した幾何学。ボヤイ=ロバチェフスキー幾何学(双曲幾何学)・リーマン幾何学楕円幾何学)など。これによれば、一直線外の一点を通りこれに平行な直線は1本とは限らず、三角形の内角の和は二直角にはならない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひユークリッドきかがく【非ユークリッド幾何学 non‐Euclidean geometry】
〈平面上で,直線外の1点を通って,この直線と交わらない直線はただ一つ存在する〉という,いわゆる平行線公理が成り立つ幾何学をユークリッド幾何学と呼ぶ。これに対し,平行線公理が成り立たないような幾何学を非ユークリッド幾何学という。ユークリッド幾何学は前300年ころに書かれたユークリッドの《ストイケイア》によって確立されたが,非ユークリッド幾何学の誕生は19世紀においてであり,その間には長い苦渋の歴史があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

非ユークリッド幾何学
ひゆーくりっどきかがく
non-Euclidean geometry

楕円(だえん)幾何学と双曲幾何学を総称して非ユークリッド幾何学という。ユークリッド幾何学の公理系のなかで、いわゆる平行線の公理の独立性が古くから疑問視されていたが、19世紀に入ってその独立性が証明され、2種類の新しい幾何学が建設された。ロバチェフスキーとボヤイによる双曲幾何学(1820年代)とリーマンによる楕円幾何学(1854)である。ユークリッド幾何学の公理系において、平行線の公理を「直線外の1点を通ってこの直線と交わらない直線が少なくとも2本存在する」で置き換えて得られる公理系が双曲幾何学を、また、「二直線はかならず交わる」で置き換えて得られる公理系が楕円幾何学を与える。ユークリッド幾何学を放物幾何学とよぶこともある。双曲幾何学と楕円幾何学をあわせて非ユークリッド幾何学とよばれているが、ユークリッド幾何学に非(あら)ざる幾何学は今日ではこの2種以外にたくさん存在するので、この名称は適当とはいえない。

 非ユークリッド幾何学は歴史的には公理論的に構成されたが、現代的な見地では、非ユークリッド幾何学はリーマン幾何学の特殊な例ないしは典型的なモデルとみなされる。正の定曲率空間、すなわち球面(または射影空間)上のリーマン幾何学が球面幾何学(または楕円幾何学)であり、負の定曲率空間、すなわち双曲空間上のリーマン幾何学が双曲幾何学である。また、ゼロの定曲率空間、すなわちユークリッド空間上のリーマン幾何学がユークリッド幾何学である。公理論的構成法においては、直線、平面などの基本的な概念が無定義要素であるのに対して、リーマン幾何学の立場ではこれらは具体的に定義される。たとえば、直線は2点を結ぶ局所最短線、すなわち測地線として定義される。

 各幾何学は次のような特徴をもつ。ユークリッド幾何学では、〔1〕いくらでも離れた2点がある。〔2〕測地線の長さは無限大。〔3〕2点を通る測地線はただ1本。〔4〕いわゆる、平行線の公理が成り立つ。〔5〕三角形の内角の和がπ。

 球面幾何学では、〔1〕任意の2点間の距離には上限がある。〔2〕測地線は閉曲線で長さ一定。〔3〕2点を通る測地線はただ1本とは限らない。〔4〕2本の測地線はかならず交わる。〔5〕三角形の内角の和がπより大。

 双曲幾何学では、〔1〕いくらでも離れた2点がある。〔2〕測地線の長さは無限大。〔3〕2点を通る測地線はただ1本。〔4〕測地線外の1点を通ってこの測地線と交わらない測地線が無数に存在する。〔5〕三角形の内角の和がπより小。

 クラインの見地では、射影空間とそれに作用する正定値二次形式を不変にする射影変換全体のなす群によって決まる古典幾何学が楕円幾何学、球体とそれに作用するローレンツ型二次形式を不変にする射影変換全体のなす群で決まる古典幾何学が双曲幾何学である。

[荻上紘一]

『滝沢精二著『幾何学入門』(1967・朝倉書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐ユークリッドきかがく【非ユークリッド幾何学】
〘名〙 (ユークリッドはEuclid) ユークリッド幾何学における平行線の公理を他の公理で置き換えて体系化された幾何学。置き換える公理によって、ボヤイ‐ロバチェフスキーの幾何学とリーマンの幾何学との二種が成立する。
※相対性原理側面観(1922)〈寺田寅彦〉「非ユークリッド幾何学の出発点が如何に常識的にをかしく思はれても」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非ユークリッド幾何学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

非ユークリッド幾何学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.