Rakuten infoseek

辞書

静振【セイシン】

デジタル大辞泉

せい‐しん【静振】
気圧や風などの変化により湖沼湾内でみられる水の振動。セイシュ。→副振動

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海の事典

静振
セイシュ」のページをご覧ください

出典:(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしん【静振】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいしん【静振】
地震や気圧・風向の局所的気象急変で、湖沼や湾内に生ずる定常波。セイシュ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

静振
せいしん
seiche
定在波による湖水の周期的な振動現象。セイシともいう。湖以外でも,湾,陸棚,島の周辺などの海水固有運動が静振と呼ばれることもある。水面に普通見られる進行波とは異なり,深層までの水が運動するが,波形は進行しない。1730年スイスのレマン湖で発見された。静振の観測には水位計を用いる。静振を起こす原因として,(1) 湖面上における気圧の急激な変化,(2) 湖面上の風の急な変化,(3) 出水による水面の急な傾斜,(4) 地震または山崩れによる動揺,(5) 局部的な急激な降水などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

静振
せいしん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

静振」の用語解説はコトバンクが提供しています。

静振の関連情報

他サービスで検索

「静振」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.