Rakuten infoseek

辞書

【あお】

色名がわかる辞典

あお【青】
色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな青」としている。一般に、よく晴れた日中の青空や海の色をさす。概念としては幅広い色を含み、あい浅葱あさぎ群青ぐんじょう紺色はなだなど青系統の色の総称でもある。中国から伝えられた五行説では「木火土金水」の「木」に相当し、季節では春を表す。これが「青春」という言葉となった。この五行説の青は木の葉の色である色をも含んでおり、それを青葉というなど現代に引き継がれている。また、、緑とともに光の三原色の一つ。印刷で用いる色の三原色マゼンタイエローシアンだが、シアンは「青」と訳される。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あお〔あを〕【青】
[名]
色の名。三原色の一つで、晴れた空のような色。藍(あい)系統の色から、黄みを加えた系統の色までを総称する。また、公家の染織衣服や襲(かさね)の色目では、緑色を意味する。
馬の毛色で、青みがかったつやのある黒。また、その馬。
「―に乗って、峠を越すと」〈漱石草枕
青信号」の略。
青短(あおたん)」の略。
[接頭]名詞や形容詞に付いて、未熟な、若い、などの意を表す。「二才」「くさい」「侍」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【青】
あお。あおいろ。
「顔色―を含み眼辺に紅を帯ぶ」〈織田訳・花柳春話

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【青】[漢字項目]
[音]セイ(漢) ショウ(シャウ)(呉) [訓]あお あおい
学習漢字]1年
〈セイ〉
あお。あおい。「青雲青山青松青天青銅丹青
若い年ごろ。「青春青年
東。「青竜
記録。書籍。「青史汗青・殺青」
[補説]23は、五行説で木に当て、青・春・東と結びつくところから出た字義。
〈ショウ〉あお。「群青紺青緑青(ろくしょう)
〈あお〉「青青青田青竹
[名のり]きよ・はる
[難読]青柳(あおやぎ)刺青(いれずみ)万年青(おもと)真っ青(さお)瀝青(れきせい・チャン)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

金魚の体色の名。灰色がかった紺色、または青みを帯びた銀色

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あお【青】
色名の一つ。日本工業規格(JIS)では10種の有彩色,5種の無彩色,計15色名を基本色名に定めているが,青は有彩色の基本色名の一つである。スペクトル色(可視光線の単色光の示す色刺激)は,人によって色感覚も異なり,その波長も一定でないが,青は波長ほぼ450~455mmの範囲にある。
[象徴としての青]
 靑(青の正字)という漢字は生と丹の合成字であり,生は草木の茂る形,丹は顔料をとる石,ひいては色の意,すなわち青は生い茂る草木の色である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せい【青】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あお【青】
( 名 )
色の名。
三原色の一。よく晴れた日の空の色。
あい・緑・水色など、青系統の色の総称。 「 -田」 「 -葉」 「 -海原」
青信号。 ⇔ 「 -で進め」
馬の、青みがかった黒い毛色。また、その毛色の馬。馬一般についてもいう。あおげ。
カルタ用語。
「青短あおたん」の略。
天正カルタの青札。
「青本あおほん」の略。
「青銭あおせん」の略。 〔古くは、青・緑のほか、蒼白や灰色をも含めていった〕
( 接頭 )
名詞や形容詞に付いて、未熟な、若い、などの意を表す。 「 -二才」 「 -くさい」 「 -女房」 「 -侍」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


あお
「あお」ということばは古くから使われていたが、色名として用いられた場合に日常生活では、かならずしも「みどり」と厳格に区別して使用されているとはいえない。これは現在の日常生活でもそうであって、たとえば、交通信号のあおが、みどり色であっても、あおとよんであまり抵抗を感じない場合があるのは、それであろう。また、あおは、形容することばとしても使われる。あおあおした芝生という表現など、いくつもある。
 ところで、色は、光刺激が目に入ってきたときに感じることは周知のとおりである。青にほぼ対応する光の波長は467~483ナノメートルの部分である。また表面色の色表示体系上において、日本工業規格(JIS(ジス))での一般色名の青は、次のような範囲の色につけられている。すなわち、色相が10.0PBにおいて、明度3.5~6.5、彩度7~9および明度3.5~5.5、彩度9~13の範囲である。
 青から連想されるものは、空、水が代表的なものであり、青が象徴しているものとしては、静寂、涼しさ、深さ、さみしさなどがあげられる。青色を見たときの感じも連想、象徴とは無関係でなく、澄んだ、冷たい、強い、やや男性的などといったものであり、この感じは角形の図形の感じと類似している。このようなことから青は、寒色系の色に入り、ある意味では寒色系を代表する色といえよう。青系統の色彩は一般的に人々に受容されやすい。色彩の好みの調査でも、青系統の色が上位を占める。したがって、青も人々にあまり嫌われない色といえよう。また青は赤などに比べ、同じ位置に置かれても、やや後ろにあるように見えるところから、後退色ともいわれている。[相馬一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あお あを【青】
[1] 〘名〙
① 色の名。五色の一つ。七色の一つ。三原色の一つ。本来は、黒と白との中間の範囲を示す広い色名で、主に青、緑、藍をさし、時には、黒、白をもさした。
※東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「青(アヲ)珠赤(あかたま)をば」
② 植物の葉の青々とした様子。
※Wee(1924)〈細田源吉〉「五月の末らしく鮮(あざや)かな青が、庭園中を充(み)たしきって」
③ 馬の毛色が青みがかった黒色であること。また、その馬。青毛。青毛の馬。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ 青本のこと。草双紙の類をさす。
※黄表紙・玉磨青砥銭(1790)序「青(アヲ)のたね本は出来ましたか」
⑤ 青銭のこと。寛永銭をさす。
※歌舞伎・吉様参由縁音信(小堀政談)(1869)五幕「文久銭(ぶんきう)か青銭(アオ)位はくれてもいいに」
⑥ 野呂松(のろま)人形の中で、主要な役に使われる人形。頭は平らで、顔の色が青く、一座の中の主要な人形遣いがつかう。よろく。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)四「チョイとおまけの御愛敬、縦(たと)はば江戸節の会へ雇(やとは)れし能呂間人形(のろまにんぎょう)、それさへ青はつかはねば」
⑦ うなぎの一形態。背色の少し青みがかったものをいう。
※洒落本・通言総籬(1787)一「あを、白、すじみなうなぎの名なり。うなぎくひのつう言也」
⑧ カルタ用語。
(イ) 天正ガルタ四八枚のうち、ハウ(棍棒)の札一二枚をいう。その図の棍棒に青色の彩色が施してあることからいう。青札。
※浄瑠璃・大職冠(1711頃)道行「火をくっくっとかきたて、加番見れども青もなくあがりもしらぬひらよみに」
(ロ) 「あおたん(青短)」の略。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「三十間堀辺の奥二階にての骨牌(かるた)遊び〈略〉『なんだ其の青を占めたか』と思はず高声になれば」
※波(1928)〈山本有三〉妻「まだ赤か、うまく行けば青が来るだらうと思って」
[2] 〘接頭〙
① 木の実などが、十分に熟していないことを表わす。「青びょうたん」「青ほおずき」など。
② 年が若く十分に成長していないこと、人柄、技能などが未熟であることを表わす。「青二才」「青侍(あおざむらい)」など。
[語誌](1)アカ・クロ・シロと並び、日本語の基本的な色彩語であり、上代から色名として用いられた。アヲの示す色相は広く、青・緑・紫、さらに黒・白・灰色も含んだ。特にミドリとは重なる部分が多く、「観智院本名義抄」の「碧・緑・翠」には「アヲシ」「ミドリ」などの訓が見える。
(2)色名としてのアヲは、ミドリ(これも若やいだ状態を表わす意が早い)が緑色(グリーン)の色名として定着するにつれ、狭く青色(ブルー)を示すようになるが、なお、ブルー以外の色にも使われ続けている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あお・い あをい【青】
〘形口〙 あを・し 〘形ク〙
① (本来は、黒と白との中間の広い色で、おもに青、緑、藍をさす) 青の色をしている。青の色である。→青(あお)
※古事記(712)上・歌謡「そに鳥の 阿遠岐(アヲキ)御衣(みけし)を まつぶさに 取り装ひ」
※真理の春(1930)〈細田民樹〉島の噴煙「緑井は点火器(ライター)の火花を散らし、青い煙を吹き上げることで」
② 顔色が青ざめている。血の気がない。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「宮、いと御けしきあしくて、あをくなり赤くなり、物もきこえ給はず」
③ (未熟な果実などは青色をしているところから) 人格、技能、学問などが未熟である。また、遊芸の道でやぼである。
※日葡辞書(1603‐04)「Auoi(アヲイ) コトヲ ユウ」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新高等官「私どもは猶(ま)だ考が青いからでせうが」
[語誌]③の意味で用いられるのは室町時代後期くらいからの例しか見あたらないが、複合語構成要素の「あを~」という形では、「あをびれ男」〔狭衣物語〕、「青侍」〔今昔〕など平安時代にまでさかのぼる例が認められる。
あお‐さ
〘名〙
あお‐み
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あお・し あをし【青】
〘形ク〙 ⇒あおい(青)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あお・む あをむ【青】
[1] 〘自マ五(四)〙
① 青くなる。青みを呈する。草木などが青く茂る。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※風雅(1346‐49頃)冬・八九一「おのづから垣根の草もあをむなり霜の下にも春や近づく〈伏見院〉」
② 顔色が青ざめる。血の気が引く。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「すこしあをみ給へれど、いとあてにけだかく、さすがににほひやかにおはします」
[2] 〘他マ下二〙 青くする。青く染める。
※日葡辞書(1603‐04)「Auome, uru, eta(アヲムル)。すなわち、アヲイデニ スル〈訳〉野菜などをざっとゆでる。青色に染める。シモ(九州方言)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しい【青】
〘名〙 (「しい」は「青」の唐宋音) 獣類の名。形は鼬(いたち)に似て、夜よく人家に入って牛馬を害した怪獣。筑紫国(福岡県)と周防国(山口県)にいたという。また、昔、吉野山に出た、狼に似て大きく、斑毛があり、飛ぶように走り、触れると人の顔や手足、喉(のど)を傷つけたものともいう。〔大和本草(1709)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【青】
〘名〙 あお。晴れた空の色や、藍の色。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二〇「其顔色青(セイ)を含み眼辺に紅を帯ぶ」 〔荀子‐勧学〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

「青」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.