Rakuten infoseek

辞書

青馬・白馬【あおうま】

大辞林 第三版

あおうま【青馬・白馬】
青毛の馬。あおこま。 「水鳥の鴨の羽色の-を今日見る人は限りなしといふ/万葉集 4494
白毛、また葦毛あしげの馬。 「降る雪に色もかはらでひく物をたれ-となづけそめけむ/兼盛集」
「白馬あおうまの節会せちえ」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あお‐うま あを‥【青馬・白馬】
〘名〙
青毛の馬。毛の色が黒く、青みを帯びた馬。
※書紀(720)天武元年七月(北野本訓)「鯨、白馬(アヲうま)に乗りて逃ぐ。馬、埿田(ふかた)に堕ち、進み行くこと能はず」
② 白馬。また、葦毛の馬。
③ 「あおうま(白馬)の節会(せちえ)」の略。また、白馬の節会に引き出された馬。
※万葉(8C後)二〇・四四九四「水鳥の鴨の羽色の青馬を今日見る人は限り無しといふ」
④ (描かれている棍棒と騎士の乗った馬が青色であることから) めくりカルタの一一の札の一つ。
[語誌]一〇世紀中頃より漢字文献において「青馬」から「白馬」へと文字表記が統一される理由については、本居宣長、伴信友は馬自体が白馬に換えられたからであるというが、室町時代の「江次第鈔‐二・正月」に「七日節会〈略〉今貢葦毛馬也」とあり、後世においても葦毛馬が使用されていたことが分かる。したがって毛色自体の変化というよりも、平安初期の「田氏家集‐下・感喜勅賜白馬因上呈諸侍中」にも「驄毛」の馬を「白馬」というように、灰色系統の色名範囲が青から白に移行したことと、平安末期の「年中行事秘抄‐正月七日」所引「十節」などに見える白馬に対する神聖視などから意識的に「白馬」の文字表記を選択したものと考えられる。→あおうま(白馬)の節会(せちえ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青馬・白馬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青馬・白馬の関連情報

他サービスで検索

「青馬・白馬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.