Rakuten infoseek

辞書

青鞜【せいとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青鞜
せいとう
文芸雑誌。1911年9月~1916年2月。月刊。途中 2回休刊。通巻 52冊。生田長江門下の平塚らいてうが首唱し,同門の保持研子(やすもちよしこ),幸田露伴門下の中野初子木内錠子夏目漱石門下の物集和子(もずめかずこ)の 5人を発起人とした文学集団青鞜社機関誌与謝野晶子長谷川時雨らが後援した。野上弥生子岡本かの子伊藤野枝らも参加し,らいてうの宣言「元始,女性は太陽であった」を創刊号に掲げ,女性文芸誌として発足した。しかし「新しい女」の出現を迎えて,社会一般にはなお好奇的偏見や封建性が強く,その風潮に抗してしだいに婦人運動の方向に進み,より先鋭な伊藤野枝をとする雑誌に変貌していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐とう〔‐タフ〕【青×鞜】
《bluestocking 18世紀半ば、ロンドンのモンタギュー夫人らの催した文芸愛好家のサロンで、出席者の一婦人が青い靴下をはいていたところから》文芸趣味や学識のある女性のこと。
女流文芸雑誌。明治44年(1911)創刊、大正5年(1916)廃刊。青鞜社の機関誌。平塚らいてう編集、のち伊藤野枝が引き継いだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいとう【青鞜】
日本で最初の女流文芸同人誌で,誌名はイギリスの〈ブルーストッキング〉にちなむ。平塚らいてうと日本女子大同窓生らを発起人とし,与謝野晶子,長谷川時雨(しぐれ),野上弥生子,田村俊子ら女流作家を加えた女性のみ30名の青鞜社の同人誌として,1911年(明治44)9月に発刊月刊誌。小説,短歌翻訳などが主だが,社則に〈女流文学発達を計り他日女流の天才を産む〉ことを目的とすると述べ,また創刊号に女性解放のシンボルともいうべき〈元始女性は太陽であった〉という平塚らいてうの文を載せた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいとう【青鞜】
一八世紀の半ばごろ、ロンドンの社交界でモンタギュー夫人らが催した文学的サロン blue stocking の訳。グループの一員が青い毛糸の靴下をはいていたことからの命名
大正時代の女性団体青鞜社の機関雑誌。1911年(明治44)から16年(大正5)まで刊行された。初め平塚らいてう、のち伊藤野枝が編集の中心。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

青鞜
せいとう
女流文芸雑誌。六巻52冊。生田長江(いくたちょうこう)の勧めで平塚らいてうにより1911年(明治44)9月創刊、16年(大正5)2月廃刊。青鞜社発行。発起人はらいてうのほか保持研子(やすもちよしこ)、中野初子、物集(もずめ)和子、木内錠子(ていこ)。誌名は、18世紀なかばイギリスのサロンで女権を唱えた女性たちがblue stockingとよばれたのにちなんで長江が命名。表紙は長沼(高村)智恵子(ちえこ)による。わが国初の女性雑誌として発足し、与謝野晶子(よさのあきこ)、長谷川時雨(はせがわしぐれ)、森しげ等、文壇知名婦人を賛助員とし、岩野清子、茅野雅子(ちのまさこ)、尾島菊子、加藤みどり、田村俊子(としこ)、野上八重子(弥生子(やえこ))、水野仙子ら多数の社員を集めた。「一人称にてのみもの書かばや/われは女(おなご)ぞ」の与謝野晶子の巻頭詩、「元始女性は太陽であつた」と始まるらいてうの創刊の辞を掲げた1巻1号は、社則第1条に「女流文学の発達を計り、各自天賦の特性を発揮せしめ、他日女流の天才を生まむ事を目的とす」と記した。前年創刊された『白樺(しらかば)』の影響が濃いが、岡本かの子、瀬沼夏葉(せぬまかよう)、伊藤野枝(のえ)、神近市子(かみちかいちこ)、山田わか等、社員は増え続けた。しかし、女流文学を生み出すにはいまだ熟さない時代だった。相次ぐ発禁処分、尾竹紅吉(べによし)ら一部社員による遊廓(ゆうかく)見学、飲酒が吉原登楼事件、五色の酒事件などとして扱われ、新しい女に対する批判嘲笑(ちょうしょう)が高まるなかで女性問題に関心が集まり、婦人解放運動の一拠点とさえなっていく。1915年1月からは伊藤野枝がらいてうから編集を引き継ぎ、社員制から個人主宰とし、婦人の自立、貞操、堕胎、公娼(こうしょう)問題などが次々に提起される。出産のため帰郷した野枝にかわって一時生田花世が編集するが、上京後野枝が大杉栄のもとに走るなどの恋愛事件、神近市子の大杉刺傷事件のなかで廃刊となる。復刻版(1980・不二出版)がある。[尾形明子]
『『元始、女性は太陽であった――平塚らいてう自伝』上下(1971・大月書店) ▽井手文子著『青鞜』(1961・弘文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐とう ‥タフ【青鞜】
[1] 〘名〙 (bluestocking の訳語。一七五〇年ごろ、ロンドンのレディ‐モンタギューが主宰するサロンで、ある会員が青い靴下をはいたところからそのサロンの名称となり、さらに、その女性会員たちに学識、文芸趣味があったところから) 女流文学者。また、婦人参政権運動などを通じて女性解放を主張する女性の知識人。
[2] 女流文芸雑誌。明治四四~大正五年(一九一一‐一六)、女性の自我の覚醒を目的として刊行された、青鞜派の機関誌。全五二冊。編集主幹は平塚らいてう、後に伊藤野枝。主な執筆者に与謝野晶子、長谷川時雨、野上彌生子、山川菊栄など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

青鞜
せいとう
青鞜社の機関誌。1911年創刊,'16年休刊。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青鞜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青鞜の関連情報

関連キーワード

牧野省三常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)アルバート プホルスシキミ酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.