Rakuten infoseek

辞書

青鈍【あおにび】

色名がわかる辞典

あおにび【青鈍】
色名の一つ。みの暗い灰色を表す伝統色名のこと。黒染に露草つゆくさの汁やあいをさして染めた染色。鈍色よりも少し緑みが強い。鈍色とは薄墨に藍をさして染めた暗い灰色をいい、古くは喪服の色であった。青鈍も凶事に用いられている。また、みの暗い灰色までを含むという説もあり、衣服のかさね色目いろめでいう青鈍は、表裏とも濃いはなだとされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あお‐にび〔あを‐〕【青鈍】
染め色の名。青みがかった薄墨色仏事喪中のときに用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あおにび【青鈍】
染め色の名。わずかに青みを含んだ灰色。喪中の人や出家が用いる。
かさねの色目の名。表裏とも濃い縹はなだ色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あお‐にび あを‥【青鈍】
〘名〙
① 染色の名。濃い縹(はなだ)色。浅葱(あさぎ)色に、青みが混じった色。尼などが用いる色で、凶事や仏教関係の服飾に多く用いられる。
※源氏(1001‐14頃)初音「経、仏の飾り、はかなくしたる閼伽(あか)の具などもをかしげに〈略〉あをにびの几帳、心ばへをかしきに」
② 襲(かさね)の色目の名。表裏ともに、濃い縹(はなだ)色。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「四の宮、〈略〉あをにびの指貫(さしぬき)、同じ直衣、唐綾の柳襲奉りて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青鈍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青鈍の関連情報

他サービスで検索

「青鈍」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.