Rakuten infoseek

辞書

青製【あおせい】

飲み物がわかる辞典

あおせい【青製】

蒸した茶葉を加熱・乾燥させながら揉んで作る煎茶。1738(元文3)年に山城国湯屋谷村(現京都府綴喜郡宇治田原町)の永谷宗円が考案したと伝えられる。乾燥と揉捻(じゅうねん)を同時に行うことで、それまで一般的であった釜いりや煮て天日乾燥する製法よりも水分の調節がしやすくなり、色沢や香味の優れたものが作られるようになり、現在一般的な煎茶の製法の基礎となった。◇茶葉が青(緑)色を保つことから。従来のものは外見が黒っぽかったため「黒製」と呼ばれるようになった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青製」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青製の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.