Rakuten infoseek

辞書

青葛【アオカズラ】

デジタル大辞泉

あお‐かずら〔あをかづら〕【青葛】
アワブキ科の蔓性(つるせい)の落葉低木。他の木にからみついて伸び、葉は卵形。春、黄色の小花が咲き、実は青色。中国・四国・九州の山野に自生。
ツヅラフジの別名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あお‐つづら〔あを‐〕【青葛】
ツヅラフジの別名。
「つる」を繰るところから「くる」「くるし」「くるる」などを導く序詞を構成する語。
「山がつの垣ほに這へる―人は来れども言伝てもなし」〈古今・恋四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あおかずら【青葛】
アワブキ科の落葉つる性小木本。葉は楕円形で、春、葉に先立って淡黄色の五弁花をつける。九州に自生。
ツヅラフジの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あおつづら【青葛】
ツヅラフジの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

青葛 (アオカズラ)
植物。ツズラフジ科の落葉つる性植物。ツズラフジの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青葛 (アオカズラ)
学名:Sabia japonica
植物。アワブキ科の落葉つる性植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青葛 (アオツズラ)
植物。蔓をもつ低木類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青葛 (アオツズラ)
植物。ツズラフジ科の落葉つる性植物,薬用植物。アオツズラフジの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あお‐かずら あをかづら【青葛】
〘名〙
① アワブキ科の落葉つる性低木。中国、四国、九州の山野に生える。葉は革質の深緑色で、先がとがった楕円形。春、葉の出る前に黄色の五弁の小花をつける。実はえんどう豆大で、黒ずんだ緑色。つるが青いのでこの名がある。漢名、清風藤。あおきづる。〔百品考(1839)〕
② 植物「あおつづらふじ①」の異名。《季・夏》〔本草和名(918頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あお‐つづら あを‥【青葛】
[1] 〘名〙
① 植物「あおつづらふじ」の異名。
※枕(10C終)六六「山菅。日かげ。山藍。浜木綿。葛。笹。あをつづら。〈略〉いとをかし」
② 植物「つづらふじ(葛藤)」の異名。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「あおつづらを大なる籠にくみて」
[2] (青葛は糸のように繰ることができるので) 「くる」「くるし」「くるる」などにかかる。
※後拾遺(1086)恋二・六九二「人めのみしげき深山の青つづら苦しき世をも思ひ佗びぬる〈章行女〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青葛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青葛の関連情報

他サービスで検索

「青葛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.