Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

青色【アオイロ】

デジタル大辞泉

あお‐いろ〔あを‐〕【青色】
青系統の色。青い色。
装束の色の名。染め色では、紫根(しこん)刈安(かりやす)染料として染めた灰色がかった黄緑色。織り色では、縦糸を青、横糸を黄として織った色をいう。青白橡(あおしろつるばみ)麹塵(きくじん)山鳩(やまばと)色を指すこともある。
青色の袍(ほう)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐しょく【青色】
青い色。あおいろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あお‐いろ あを‥【青色】
〘名〙
① 本来は黒と白との中間の範囲を示す広い色名で、おもに青、緑、藍をいう。
※枕(10C終)一七「あを色の淵こそをかしけれ。蔵人などの具にしつべくて」
② 染色や襲(かさね)の色目の名。刈安(かりやす)と紫とで染めた萠葱(もえぎ)色の黄がちの色。今日の緑色に相当する。麹塵(きくじん)。山鳩色。
※多武峰少将物語(10C中)「いともきよげなる紬(つむぎ)をあをいろに染めて」
※西宮記(969頃)一七「青色、帝王及公卿已下侍臣、随便服之〈非蔵人用無文〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐しょく【青色】
〘名〙 青い色。あおいろ。せいしき。
※桐畑(1920)〈里見弴〉天変地異「深い青色(セイショク)の傘に遮られた薄暗い光」 〔淮南子‐時則訓〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.