Rakuten infoseek

辞書

青米【あおごめ】

大辞林 第三版

あおごめ【青米】
玄米の表皮が緑色をした米。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あおまい【青米】
コメの収穫時期が早すぎて、胚はいが未熟で緑色をしているもの。
収穫期に、胚が緑色をしているコメ。精米すると緑色は除かれて、普通のものと変わらなくなる。活青いきあお

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

青米
生産されるのうち1割程度出る。未成熟で規格外のため、通常は食用米にならず、菓子やみそ、しょうゆなどの加工食品の原料などにされる。県広域地域振興課によると、農家からの買い取り価格は1キロ当たり50円以下で、規格米の2割程度という。
(2012-01-21 朝日新聞 朝刊 北九 2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

栄養・生化学辞典

青米
 玄米緑色にみえるコメで,開花が遅かったもみ葉緑素が残っているためにみられる現象.新米では新鮮さの指標とみられる場合もあるが,古米では質の悪いコメとみられる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あお‐ごめ あを‥【青米】
〘名〙 紺色を帯びた米粒。成熟度により葉緑素の残留する米をいう。年貢納入のときは砕米などと共に選別することを要求された。
地方凡例録(1794)七「御年貢の儀、随分米症撰、荒砕籾、青米等の分撰出」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あお‐まい あを‥【青米】
〘名〙
実りが十分でなく、青みを帯びている米。あおごめ。〔最新現代語辞典(1933)〕
収穫期光沢のある緑色を示す玄米。(つ)くことによって緑色は除かれ、味は完全米と変わらない。活青(いきあお)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青米」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青米の関連情報

他サービスで検索

「青米」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.