Rakuten infoseek

辞書

青江 舜二郎【アオエ シュンジロウ】

20世紀日本人名事典

青江 舜二郎
アオエ シュンジロウ

昭和期の劇作家,評論家



生年
明治37(1904)年11月26日

没年
昭和58(1983)年4月30日

出生地
秋田県秋田市

本名
大嶋 長三郎(オオシマ チョウザブロウ)

学歴〔年〕
東京帝国大学印度哲学科〔昭和4年〕卒

主な受賞名〔年〕
岸田演劇賞(第5回)〔昭和33年〕「法隆寺

経歴
在学中「新思潮」同人となって「水のほとり」などを発表し、小山内薫に師事する。卒業後、香川県庁に社会教育主事として昭和6年から4年間勤務。13年応召し、21年まで中国に滞留し、戦後は日本大学講師、東京電機大学教授に就任する一方、「悲劇喜劇」で後進の指導をしながら、33年岸田演劇賞を受賞した「法隆寺」をはじめ、「河口」「一葉舟」「実験室」などを発表。評論でも「演劇の本質と人間の形成」「日本芸能の源流」などの著作があり、劇作家、評論家として活躍し、またテレビ、ラジオでも活躍した。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青江 舜二郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青江 舜二郎の関連情報

他サービスで検索

「青江 舜二郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.