辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

青木永章【あおき ながあき】

美術人名辞典

青木永章
江戸後期の歌人・国学者。京都生。青木永保の養子。通称は左京、号は玉園・秋の屋。本居大平に国学を、養父に和歌を学ぶ。長崎諏訪大社の神官、従五位上丹波守。弘化2年(1845)歿、59才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

青木永章 あおき-ながあき
1787-1845 江戸時代後期の国学者,神職。
天明7年生まれ。長崎の諏訪(すわ)神社の大宮司(ぐうじ)をつぐ。和歌をよくし,とくに長歌にたくみだった。中島広足(ひろたり),近藤光輔(みつすけ)とともに崎陽(きよう)(長崎)国学の三雄といわれた。弘化2年7月10日死去。59歳。京都出身。号は秋の屋,玉園。名は「ながふみ」ともよむ。家集に「玉園集」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青木永章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青木永章の関連情報

関連キーワード

安部惟貞生田萬岩月白華大垣久雄長治祐義西村正邦佐倉真邦桜井信景鶴峰戊申堀江宗彰

他サービスで検索

「青木永章」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.