辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

青木月斗【あおき げっと】

美術人名辞典

青木月斗
俳人。大阪生。名は新護、別号に月兎・図書。正岡子規に学ぶ。大阪満月会を起こし、俳誌「車百合」を創刊、ホトトギス派俳人として大阪俳壇確立に貢献した。「同人」主宰。句集に『月斗翁句抄』。著に「『子規名句評釈』等。昭和24年(1949)歿、71才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

青木月斗 あおき-げっと
1879-1949 明治-昭和時代の俳人。
明治12年11月20日生まれ。正岡子規(しき)にみとめられ,大阪満月会を結成して明治32年「車百合」を創刊。大正9年から「同人」を主宰し,関西俳壇の中心として活動。昭和24年3月17日死去。71歳。没後「月斗翁句抄」が刊行された。大阪出身。本名は新護(しんご)。別号に月兎。著作に「子規名句評釈」。
【格言など】天墨の如し大雪になるやらん(「月斗翁句抄」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

青木月斗
あおきげっと
(1879―1949)
俳人。大阪・南久太郎町に生まれる。本名新護(しんご)。初め月兎と号した。家業の薬種業を継ぎ、かたわら俳句に親しみ、新聞『日本』の子規選に投句、大阪満月会、三日月会に加わり、1898年(明治31)『車百合(くるまゆり)』を創刊した際、正岡子規から「俳諧(はいかい)の西の奉行や月の秋」の祝句を贈られた。1916年(大正5)『カラタチ』、1920年『同人(どうじん)』を創刊、家業を廃して俳句一途の生活に入り、関西俳壇に巨匠と目された。編著はあるが生前句集はつくらず、没後『月斗翁句抄』(1950)が刊行された。
 城東に大阪を見る霞かな[村山古郷]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青木月斗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青木月斗の関連情報

関連キーワード

赤木格堂室積徂春相羽仙夫金森匏瓜小島文器斎藤蕗葉沢田はぎ女西村燕々浜中調布富士崎放江

他サービスで検索

「青木月斗」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.