辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

青木夙夜【あおき しゅくや】

美術人名辞典

青木夙夜
江戸後期の画家。京都生。名は俊(浚)明、号を士風・春塘・八岳、通称は荘右衛門。韓国余章王の後裔と自称し、余夙夜と称した。池大雅に学び、大雅歿後は京都の大雅堂に住して二世大雅堂と称する。細密な描写の画風が多く、山水・人物画を能くした。天明頃(1781~1789)歿、享年未詳。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

青木夙夜 あおき-しゅくや
?-1802 江戸時代中期-後期の画家。
京都の人。韓(かん)天寿の従兄弟(いとこ)といわれ,余章王の後裔と名のった。池大雅にまなび,大雅の没後,大雅堂2代と称した。作風は師とことなり,細密な描写であった。享和2年10月23日死去。名は浚(俊)明。通称は俊蔵,庄(荘)右衛門。号は春塘,八岳など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青木夙夜
あおきしゅくや
[生]?
[没]享和2(1802).10.23. 伊勢
江戸時代中・後期の南画家。名は俊 (浚) 明,通称俊蔵のち庄右衛門。字は大初のち夙夜。号は春塘,八岳。書家の韓天寿のいとこで,韓国の余璋王の後裔を自称,余夙夜ともいう。宝暦頃から池大雅に師事し,大雅の妻玉瀾の没後は大雅堂に居住。主要作品『楼閣山水図』 (1802) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青木夙夜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青木夙夜の関連情報

他サービスで検索

「青木夙夜」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.