Rakuten infoseek

辞書

青天の霹靂【セイテンノヘキレキ】

デジタル大辞泉

青天(せいてん)の霹靂(へきれき)
陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。
[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

青天の霹靂
2014年公開の日本映画。タレントの劇団ひとりが監督として自身の小説を映画化したヒューマンコメディ。出演:大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとりほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青天の霹靂
銘柄米のひとつ。品種は青森県産業技術センターが開発した「青系187号」。寒さやいもち病に強く、食味良好。2015年発売。登録商標

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいてんのへきれき【青天の霹靂】
〔陸游「九月四日鶏未鳴起作」より。晴れた日に突然起きる雷の意〕
突然の大事件。人を驚かす変動。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいてん【青天】 の 霹靂(へきれき)
(青く晴れた空に突然におこるかみなりの意から) 思いがけずおこる突発的事変。晴天の霹靂。
※日本‐明治三〇年(1897)一一月二〇日「独逸軍艦が膠州湾占領の警電は青天の霹靂たる感なきにあらざるも」 〔陸游‐九月四日雞未鳴起作詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青天の霹靂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青天の霹靂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.