Rakuten infoseek

辞書

青塚古墳【あおつかこふん】

国指定史跡ガイド

あおつかこふん【青塚古墳】

愛知県犬山市青塚にある古墳。犬山市南部に位置し、墳長は123m、後円部は直径78m・高さ12m、前方部は長さ45m・幅62m・高さ7mの前方後円墳。愛知県内の古墳では断夫山(だんぷさん)古墳に次いで2番目の規模で、古墳時代前期の4世紀半ばに造営されたと思われる。青塚(あおつか)古墳群の首長墳とされ、茶臼山(ちゃうすやま)や王塚などとも呼ばれていた。墳丘は大縣(おおあがた)神社の社地にあり、1584年(天正12)の小牧・長久手の戦いでは秀吉方の砦が築かれた記録がある。発掘調査の結果、壺形埴輪(はにわ)や葺石(ふきいし)が残っていることが確認され、1983年(昭和58)に国の史跡に指定された。その後、1996年(平成8)からの調査で古墳の規模が明らかにされ、古墳周囲を基壇が取り巻き、後円部3段、前方部2段の階段状となっていて各段に列石が配され、これに沿って壺形埴輪が2m間隔でめぐらされていたことがわかった。ほかに円筒埴輪や鰭付(ひれつき)朝顔形埴輪、鏃形(ぞくがた)石製品が出土した。現在は、古墳の外観復元整備が行われ、造営当時の姿が再現されて青塚古墳史跡公園となった。名鉄小牧線楽田(がくでん)駅から徒歩約30分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

青塚古墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青塚古墳の関連情報

他サービスで検索

「青塚古墳」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.