Rakuten infoseek

辞書

青写真【あおじゃしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青写真
あおじゃしん
blue print
写真法,複写技術の一つ。シュウ酸第二鉄アンモニウムやクエン酸第二鉄アンモニウムなどの Fe3+は,光の作用により Fe2+に変化する。これにフェリシアン化カリウムを作用させると,生じた Fe2+と反応しタンブル青となり,フェロシアン化カリウムを作用させると,感光しない Fe3+と反応し,ベルリン青となる。Fe3+青写真法はこの原理を利用したもの。普通は Fe(OH)3クエン酸で溶かし,これにクエン酸アンモニウムを加えた液を紙に塗って乾かす。光の通りやすい紙に鉛筆または墨でかいた原図をあてて露光し,フェリシアン化カリウム水溶液で現像すれば青い生地に白い画像が,フェロシアン化カリウム水溶液で現像すれば白い生地に青い画像が得られるので,これを希酸で定着する。工作図面や設計図などの複製に利用される。青写真に使う加工原紙の青写真原紙は,化学パルプ,ぼろなどを原料とし,原料のなかの繊維をよく解きほぐし,耐水処理を施してつくる。表面がなめらかで吸収性が均一,湿潤強度をもつことが要求されるが,特に感光剤に障害となる鉄などを含んでいてはならない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あお‐じゃしん〔あを‐〕【青写真】
露光により青色に発色する鉄塩類などを塗った感光紙に、原図をのせて焼き付ける複写技術。また、それで得られる青地に白の印画。図面の複写、印刷の際の青焼きなどに利用。
1が設計図に用いられるところから》おおよその計画。また、未来の構想。「都市計画の青写真

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あおじゃしん【青写真 blue print】
鉄(III)塩の感光性を利用した写真法でシアノタイプcyanotypeともいう。1842年,イギリスのハーシェルJohn Herschel(1792‐1871)が発明し,1950年ころまで土木,建築,機械などの設計図面の複製用として広く使われた。青写真の感光紙は,紙に塩化鉄(III),シュウ酸鉄(III)アンモニウム,クエン酸鉄(III)アンモニウムなどの鉄(III)塩をフェリシアン化カリウム(赤血塩)とともに水に溶解して塗布し,乾かして作る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あおじゃしん【青写真】
鉄塩類の感光性を利用した複写印画。クエン酸鉄アンモニウムとフェリシアン化カリウムの混合溶液を塗ったものを印画紙とし、これに原図を密着し、アーク灯などで焼き付け、水洗いすると青地に白の印画が得られる。設計図などの複写に用いる。青焼き。ブループリント。
日光写真」に同じ。 [季] 冬。
完成の予想図。未来の構想。 「計画はまだ-の段階だ」 「十年後の社会の-を描く」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

青写真
あおじゃしん
化学的感光材を用いる複写法の一種。シアノタイプともいう。1842年イギリスのハーシェルにより発明された。この種の方法としてはいちばん古く、安価であり、土木、建築、機械などの図面の複写に多用されてきた。感光材料として第二鉄塩と赤血塩(カリウム塩)が使用される。露光すると第二鉄塩は第一鉄塩に変化し、赤血塩と結合してフェリシアン第一鉄となる。これがターンブル青に発色する。複写方法としては、トレーシングペーパーの原図を感光用紙の上に置き、アーク灯や高圧水銀灯などで露光する。フェリシアン第一鉄は水溶性でないので、水洗いすると露光しなかった部分が溶けて青地の中に白線として、つまり陰画として現れる。これを乾燥すれば青写真ができあがる。青地部分への書き込みが見にくいことや、水洗い、乾燥という操作をしなければならない不便な面もあって、現在ではジアゾ複写や普通紙複写機(PPC=Plain Paper Copier)などの複写技術の発達により、実務として利用されることはほとんどなくなっている。
 ジアゾ複写は、光分解反応をしやすいジアゾ化合物を感光材に使う。この化合物はアルカリ状態でフェノール類と化合してアゾ染料(赤、黒、セピアなど各種の発色が可能)となる。また、光分解したジアゾ化合物はフェノール類には反応しない。この性質のためにトレーシングペーパーのポジ原稿から直接陽画を得ることができる。その方式は、ジアゾ化合物やフェノール類の種類、現像剤や現像方法の違いによってさまざまであるが、大別すれば湿式と乾式とがある。ただし、水洗いの過程がないので乾燥の手間は省かれる。光分解したジアゾ化合物は無色なので、白地の上に色線が残り、光に対しても安定している。[玉腰芳夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あお‐じゃしん あを‥【青写真】
〘名〙 (blue print の訳語)
① 鉄塩の感光性を利用した写真の一種。また、その写真。一八四二年、イギリスのハーシェルが発明。感光剤を塗布した感光紙の上に、トレーシングペーパーなどに描いた図面(原図)を載せ、水銀灯などの光で焼き付けて得られる青地に白の図面。設計、工作図面の複写に用いる。シアノタイプ。鉄写真法。ブループリント。《季・冬》〔新しき用語の泉(1921)〕
② (青写真が多く設計図に用いられるところから) 未来の抱負、計画。
※時のうごき(1947)〈中野重治〉「そういう『確かな設計図』の青写真を、いますぐ創ろう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青写真」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青写真の関連情報

他サービスで検索

「青写真」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.