Rakuten infoseek

辞書

青ナイル川【あおないるがわ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

青ナイル川
あおないるがわ
Blue Nile
アフリカ北東部を流れるナイル川の二大支流の一つ。エチオピア高原タナ湖(標高1800メートル)に発し、南東へ200キロメートルほど流れたあと350キロメートル西流し、さらに700キロメートルほど北西へ流下し、スーダンの首都ハルトゥーム白ナイル川と合流しナイル川本流となって北流する。6~9月の雨期にエチオピア高原の西斜面に降る雨で増水し、その水量はナイル川本流の水量の68%に達する。しかし渇水期にはわずか17%である。古代から有名なナイル川の季節的な流量変化は、おもにこの青ナイル川とアトバラ川の流量変化によっている。なお、青ナイル川はアラビア語でバール・エル・アズラクBahr el Azraq、エチオピアのアムハラ語でアバイAbbai川とよばれる。[堀 信行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

青ナイル川
あおナイルがわ
ブルーナイル川」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青ナイル川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青ナイル川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.