Rakuten infoseek

辞書

青の洞窟【アオノドウクツ】

デジタル大辞泉

あお‐の‐どうくつ〔あを‐〕【青の洞窟】
海食洞の一。洞窟の狭い入口から差し込む太陽光線が海底に反射し、水面が青く輝く現象が見られる。イタリアカプリ島マルタ、沖縄などのものが有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

あおのどうくつ【青の洞窟】
イタリア南部、ナポリ南方30km、ナポリ湾に浮かぶカプリ島(Isola di Capri)の断崖絶壁の海岸線にある海岸洞窟(海蝕洞(かいしょくどう))。同島のマリナグランデの入り江から手漕ぎ舟(観光舟)に乗って行くことができる。入り口は狭く、舟の乗客は頭を低くしないとぶつかってしまうほどだが、内部は、洞窟の入り口から差し込む日光により、洞窟全体が紺碧に輝く神秘的な広い空間が広がっている。この神秘的な光景を堪能するには、晴れた日の午前中がよいといわれる。天候や海の状況により、入れないこともある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青の洞窟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青の洞窟の関連情報

他サービスで検索

「青の洞窟」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.