Rakuten infoseek

辞書

青い・蒼い・碧い【あおい】

大辞林 第三版

あおい【青い・蒼い・碧い】
[文] ク あを・し
青の色をしている。広く緑など青系統の色にもいう。 - ・い空 - ・いものをもっと食べる必要がある あおい空(海)碧いとも書く
赤みが足りない。青ざめている。 - ・い月 - ・い顔
未熟の果実が青いことから 修行・知識などが不十分だ。まだ一人前でない。 まだ考えが-・い
[派生] -さ -み
[慣用] 尻が-風青し
[句項目] 青くなる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青い・蒼い・碧い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

青い・蒼い・碧いの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.