Rakuten infoseek

辞書

霊山【りょうぜん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

霊山
りょうぜん
福島県北東部,伊達市中央部の旧町域。霊山 (825m) の西斜面にある。 1955年掛田町と石戸村,霊村,小国村の3村が合体して霊山町が成立。 2006年伊達町,梁川町,保原町,月舘町と合体して伊達市となった。農業ではイチゴや野菜のハウス栽培,工業では弱電関係が盛ん。中心地区の掛田は中世懸田氏の城下町で,江戸時代以来生糸の産地として有名。霊山 (国の史跡・名勝) ,霊山神社があり,霊山県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊山
りょうぜん
福島県北東部,阿武隈高地の北部にある山。標高 825m。新第三紀安山岩玄武岩および花崗岩類の溶岩台地からなる。9世紀頃慈覚大師円仁が開山,霊山寺を建立。以来霊山と呼ばれる。今日でも根本堂,堂塔礎石がある。建武中興(1333~36)の際,義良親王を奉じて陸奥国府に下向した北畠顕家が陣地を張った地で,山頂に親王御在碑がある。山麓の霊山神社は北畠一族をまつる。霊山一体は国の史跡・名勝に指定されており,また霊山県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょう‐ぜん〔リヤウ‐〕【霊山】
福島県北東部、伊達(だて)市と相馬市との境にある山。標高825メートル。奇岩が連なる。慈覚大師建立の霊山寺跡や霊山城跡がある。
京都市東山区霊山町にある山。東山三十六峰の一。中腹に正法寺がある。
霊鷲山(りょうじゅせん)異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れい‐ざん【霊山】
神仏を祭った神聖な山。霊域である山。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうぜん【霊山】
福島県伊達郡霊山町と相馬市にまたがる阿武隈高地北部の山。標高805m。国の史跡,名勝。中腹以下は花コウ岩からなり傾斜もゆるやかであるが,山頂付近は,新第三紀初期の火山活動によって噴出した霊山層からなり,火山角レキ岩,安山岩,玄武岩などの硬い岩層からできているので,浸食に抗し,周辺より一段高いテーブル状の山形をなしている。特に西側と南西側は浸食が進み断崖をなし,鷲岩,離岩,東の物見岩,西の物見岩などの塔状の奇岩が連なり,秋の紅葉期にはみごとな景観を呈する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょうぜん【霊山】
福島県北東部にある山。海抜825メートル。奇岩・怪石が連なる阿武隈山地の名山。慈覚大師が建立した霊山寺の跡や、北畠顕家が義良のりよし親王(のちの後村上天皇)を奉じて築城した霊山城址などがある。
京都市の東山三十六峰の一。中腹の正法寺には梅田雲浜うんぴん・木戸孝允・坂本竜馬など、維新の志士の墓がある。
霊鷲山りようじゆせんの略称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れいざん【霊山】
神仏などをまつってある神聖な山。また、すぐれて立派な山。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔福島県〕霊山(りょうぜん)

福島県北東部、阿武隈(あぶくま)高地北部の名峰。標高825m。花崗(かこう)岩の基盤の上に角礫岩(かくれきがん)など火山性の霊山層が載った溶岩台地で、平坦(へいたん)な山頂を囲んで鷲(わし)岩・西ノ物見(にしのものみ)岩・東ノ物見岩・離(はなれ)岩などの奇岩がそびえ、山頂の周囲は標高差約200mの断崖(だんがい)をなす。南北朝期の内乱期、南朝方・北畠顕家(きたばたけあきいえ)が義良(のりよし)親王を奉じて拠()った霊山城跡、多賀城(宮城県)の陸奥国府が一時移転した国司館跡があり、国の史跡・名勝。紅葉の名所としても知られる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイド

りょうぜん【霊山】

福島県伊達市霊山町石田、霊山町大石と相馬市玉野との境にそびえる標高825mの山。玄武岩の熔岩台地であり、周囲を断崖絶壁に囲まれているため自然の城郭となり、南北朝時代南朝の拠点として霊山城が築かれた。1934年(昭和9)に国の史跡および名勝として指定された。霊山は平安時代初期に第3代天台座主、慈覚大師円仁(794~864年)によって開かれ、天台宗の拠点として栄えた。南北朝時代の1337年(延元2)、北畠顕家(あきいえ)が義良(のりなが)親王(後の後村上天皇)を奉じて霊山城を築いた。奥羽地方における南朝方の一大拠点となり、陸奥国の国府が置かれた。1347年(正平2)に落城し、以後、歴史の表舞台から消えた。現在、山頂に国司舘(国府の役人の住居)の礎石が残っている。域内の日枝社観音堂は往時をしのぶ遺構である。霊山城跡へは、JR東北新幹線ほか福島駅から福島交通バス「行合道」下車、徒歩約1時間。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

事典・日本の観光資源

霊山
(三重県伊賀市)
伊賀のたからもの100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊山
(福島県伊達市)
日本百景」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐ぜん リャウ‥【霊山】
[二] 福島県相馬市と伊達郡霊山町との境にある山。慈覚大師が建立した霊山寺の跡、北畠顕家が義良(のりなが)親王を奉じて拠った霊山城址、霊山神社などがある。標高八二五メートル。
[三] 京都市、東山三十六峰一峰霊鷲山の略称。元慶八年(八八四)に光孝天皇勅願の正法寺が創建され、以後は正法寺をさしてもいった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れい‐ざん【霊山】
〘名〙 (「れいさん」とも) 神仏をまつった神聖な山。霊地である山。
※権記‐長保三年(1001)二月四日「今日兵部大輔兼隆朝臣詣霊山、途中落馬」 〔左思‐呉都賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

霊山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.