Rakuten infoseek

辞書

霊亀【レイキ】

デジタル大辞泉

れいき【霊亀】
奈良時元正天皇の時の年号。715年9月2日~717年11月17日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れいき【霊亀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れいき【霊亀】
霊妙で祥瑞のある亀。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れいき【霊亀】
年号(715.9.2~717.11.17)。和銅の後、養老の前。元正げんしよう天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

れいき【霊亀】
日本の元号(年号)。奈良時代の715年から717年まで、元正(げんしょう)天皇の代の元号。前元号は和銅(わどう)。次元号は養老(ようろう)。715年(和銅8)9月2日改元。左京職(さきょうしき)より瑞亀(ずいき)が献上されたことを瑞祥として改元が行われた(祥瑞改元)。霊亀は古代中国の神話などに登場する聖獣で、麒麟(きりん)、鳳凰(ほうおう)、応竜(おうりゅう)とともに四霊のひとつとされる。716年(霊亀2)年には、阿倍仲麻呂(なかまろ)・吉備真備(きびのまきび)・僧玄昉(げんぼう)らの第8次遣唐使が派遣されている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れい‐き【霊亀】
[1] 〘名〙 霊妙不可思議な亀。祥瑞のある亀。また、うらないに用いる、神聖な亀の甲。
※続日本紀‐霊亀元年(715)八月丁丑「左京人大初位下高田首久比麻呂献霊亀」 〔易経‐頤卦〕
[2] 奈良時代、元正天皇の代の年号。和銅八年(七一五)九月二日に改元、霊亀三年(七一七)一一月一七日に至って養老となる。霊亀献上にちなむ。出典は「易経‐頤卦」の「初九、舎爾霊亀」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊亀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

霊亀の関連情報

関連キーワード

ルースアーロンペアクタイバ・イブン・ムスリムコンスタンチヌス使用者責任奈良時代元正天皇元明天皇元正天皇穂積皇子ワリード[1世]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.