Rakuten infoseek

辞書

電熱器【でんねつき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

電熱器
でんねつき
electric heating instrument
電流による発熱を利用して加する器具で,電気釜電気暖房具,電気アイロン電気こんろなどがある。発熱体としてはニッケル・クロム合金 (ニクロム線) ,ニッケル・クロム・鉄合金,鉄・クロム・アルミニウム合金などを用い,これを螺旋状に巻いたものを耐熱陶の熱板などに保持して使用する。電熱器には過熱状態になることを避けるため,普通サーモスタットや温度ヒューズなどを使用してある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんねつ‐き【電熱器】
ニクロム線など電気抵抗の大きい金属の発熱を利用した電気器具。電気こんろなど。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

でんねつき【電熱器】
ニクロム線などの電気抵抗の高い金属に電流を通して生じる熱を利用する加熱器。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でんねつ‐き【電熱器】
〘名〙 ニクロム線に電流を通じ、その発熱を利用する装置。料理・暖房・アイロン・その他工業、農業などに広く用いられている。〔電気訳語集(1893)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電熱器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電熱器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.