Rakuten infoseek

辞書

電子捕獲【でんしほかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

電子捕獲
でんしほかく
electron capture
(1) 原子核原子軌道電子内に吸収する現象。最も起りやすいのは核に最も近いK 軌道の電子を吸収する場合で,これをK 電子捕獲という。 1935年湯川秀樹坂田昌一によって予言された。電子捕獲は β+ 崩壊とある分岐比で共存することが多く,電子捕獲後の原子核は β+ 崩壊後の核と同じで,もとの核より原子番号が1だけ小さく,質量数の同じ核が生成する。電子捕獲は広い意味でβ崩壊の1種とみなされている。電子捕獲に伴って特性X 線またはオージェ電子 (→オージェ効果 ) が放出される。 (2) 一般に原子,分子などに電子が捕獲されることをいう。半導体中における電子捕獲は,素子特性に強い影響を及ぼすため詳しく研究されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんし‐ほかく〔‐ホクワク〕【電子捕獲】
原子核の放射性崩壊の一。核内の陽子が軌道電子を吸収して中性子となり、同時にニュートリノを放出する現象。β崩壊と同じく弱い相互作用によって生じる。1935年に湯川秀樹坂田昌一が提唱し、1937年にL=アルバレが発見した。軌道電子捕獲
電荷移動

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんしほかく【電子捕獲 electron capture】
原子核の放射性崩壊一種で,原子核がK電子などの軌道電子を吸収し,よりエネルギー的に安定な核に変化する過程をいう。弱い相互作用による陽子pが電子eを吸収して中性子nに変わり,同時に中性微子νeが放出される過程(p+e―→n+νe)で,広い意味でのβ崩壊に含まれる。電子捕獲では質量数は変化せず,捕獲する電子の負電荷のため原子番号ZからZ-1となり,β崩壊したのと同じ結果になる。実際,β崩壊と共存していることが多いが,β崩壊がエネルギーのつり合いから不可能な場合(陽電子の放出にはのエネルギー状態にある電子を正のエネルギー状態へもち上げねばならないので,少なくとも電子質量の2倍に相当する崩壊エネルギーが必要である)には電子捕獲しか起こらない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

電子捕獲
デンシホカク
electron capture

原子核(原子番号Z,質量数A)のβ崩壊の一つの型.陽子pが原子軌道から核の内部に浸み込んでいる電子を捕獲し,中性子n中性微子νへ

p + e → n + ν
遷移を行い,質量とエネルギーの同等性関係を用いた,

Eν = [M(Z,A) - M(Z - 1,A)]c2

のエネルギーのνを放出する.この崩壊様式は β 崩壊とよく似ており,エネルギーの条件から後者が起こるときは必ず起こりうる.湯川-坂田(1935年)がその可能性を指摘した.【熱電子捕獲

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子捕獲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電子捕獲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.