Rakuten infoseek

辞書

電子工学【でんしこうがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

電子工学
でんしこうがく
electronics
電気工学のうち電子現象を応用した分野,すなわち真空管の中での電子流の制御,トランジスタなどの固体素子中の電子流の制御,そのほか圧電効果,磁歪効果などを組合せて得られる技術をさす。その成果はラジオ,テレビ,オーディオ装置テープレコーダ,電子式計測器,自動制御装置,コンピュータ,通信機などに具体化され,時代とともにその性能の向上はめざましいものがある。この分野は,第2次世界大戦中のレーダなどの開発に伴って急速に進歩し,戦後の固体物性物理学の発達によって近代技術の花形となった。一方,マイクロ波技術の向上によって,レーザーなどの量子エレクトロニクスの分野が開かれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんし‐こうがく【電子工学】
電子伝導、およびその現象を応用する装置・技術についての学問エレクトロニクス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんしこうがく【電子工学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でんしこうがく【電子工学】
電子の運動による現象やその応用を研究する学問。半導体・磁性体などを用いる科学技術の基礎研究を広くいう。エレクトロニクス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でんし‐こうがく【電子工学】
〘名〙 電子の運動による現象やその応用技術などを研究する工学の一分野。真空管、半導体、磁性体などを用いる産業技術の基礎となる。エレクトロニクス。〔百万人の科学(1939)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

電子工学
でんしこうがく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子工学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電子工学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.